陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

森で考える

フラクタルの森で考える

フラクタル陰陽学

 フラクタルの森で原点に返って考えませんか?という提案です
考えるとは、頭で考えたり、心で考えたり
一体どこで考えているのか、良く分かりません
しかし、基本、頭で考えているとするなら
脳みそというコンピューター部分を使ってはいるのでしょう
人間の脳を理化学的に見ると右左脳に分かれ体を統御しています
この形と実際に物事を考える事は関連しているようようです

実際に窯の上の森の中に次の図のように道を作っています
比喩で表現していますが
考え方の基本は、この森の形の中にあります
森の形

             

今は、下の道路に面したところの整備に追われて元の原生林に戻ろうとしており
ここを手入れするだけでも窯焚の何回分かの雑木が回収できるのですが・・

比喩で見る
また、フラクタルの森比喩で見ると、一本の樹木に例えることが出来ます
どうしても地表の目に見える所だけを気にしますが
複眼で見ると目に見えない所が非常に大切なことが分かります
更に深く見ると前提となる世界観(宗教観)が重要なことがわかります
ここを正しく認識していないと予想に反した結果が出てしまい、とんでもないことになったりします。
よかれと思ってなしたことが、逆の最悪の結果をもたらしてしまうのです。

政治経済(フラクタルの森で考える)

社会経済
政治と思想
サヨク思想と全体主義
経済の未来
コインの裏表

結果主義のもたらしている弊害

借金(財政赤字)は無理して返すことはない 2014/11
消費税増税は破滅への道
税におけるアクセルとブレーキ
消費税増税と脱原発で日本は滅び行く
税金とは水蒸気のようなもの
財政赤字を人体に例えてみる 

幸福の科学の先見力
財政再建、消費増税、2014年選挙、その選択の未来は

歴史 (フラクタルの森で考える

ネルソン・マンデラと人種差別の歴史  
自虐史観
あの戦争は、自衛のための戦争だった

親日派のための弁明
従軍慰安婦
南京大虐殺

科学(フラクタルの森で考える)

地震学
放射能 
5W2H  
OSとアプリ
二択の連鎖
松食い虫対策

哲学

現実・事実・真実
深く見る
比喩で見る 5w2h
陰陽とは、支えるものと 支えられているもの
陰陽曼陀羅

進歩と調和
与えられている時間
正・反・合
5W2H
無知の知
見えにくいものを見る
比喩で見えてくるモノ
守護霊の存在

思想信条(フラクタルの森で考える)

宗教に4態ある
信仰とは?
神と子
宗教と信仰

正しい選択
世界観
左翼思想
天と地の願い
天(仏神)の願い
四諦八正道
主なるもの
政教分離
宗教と人間
正しき心の探究
白紙の上で2つを並べて考える

その他

幸福とは
血液型の中の陰陽学

a:1929 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼