陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

フラクタルの森

フラクタルの森

岡山県加賀郡吉備中央町北546
℡ 0866-55-6968
携帯 090-2005-2215

岡山県の中央部
岡山と倉敷の間を山陰、米子方面(岡山道)に向かって約10分
「賀陽インター」を降りて左折1500m
フラクタルの森」「備前焼 玄明」の看板のあるところを左折300m突き当たりです

5000坪ほどの山の自然を活用し
理念的には、哲学の森でが
具体的には、備前焼体験も出来て、キャンプも出来ます

池の周辺にカフェ施設も作り
癒しの空間と出来ればと願っています

大和山(Oowasan)
国道484号から見た冬の大和山とフラクタルの森
左の建物は隣の牛舎、玄明の窯と工房、ギャラリーはこの奥に有ります

次の図は、
窯の上に作っている道の形であり
思考の図式化にチャレンジしたものです
人間の頭を輪切りにしたような図であり、ピラミッドもイメージしています

画像の説明

人間は、神様から2つの眼を与えられていますが
この眼と脳の構造には、驚くような秘密が隠されているようです

その構造は、左右の眼が左脳と右脳に直接とクロスしてつながりながら
まるで無限大のマーク(∞)のような形です
クロスしている部分が、どうやらチャクラといわれる所に相当するようです

実際の視界も両目で見ることで立体的に見え距離も測ることが出来ます
この構造には、いろんな事象を立体的に正確に観るための秘密が隠されているようです

この図は、仏教的なモノとも関係し執着から離れて平安な心境の維持にも役立ちます

左脳的なモノは、時間論であり、全ては、流れていき留まることはない
諸行無常 
 
右脳的なモノは、空間論であり、全ては、我がモノという固定化されたモノはない
諸法無我
  
クロスしている部分が天上界に居るような平安で静寂な透明な境地)
涅槃寂静   

この森の活用には、論理的に見ることもあります
垂直的に見ていく感じでしょうか
また、色んな課題を水平思考的に、この森の中に入れて考えると解決法が見出せます

画像の説明

分かり易いのは、課題を入れて、その課題で求めている結果はっきりさせ
ることです
そして、その為に必要な思い(目的・設計図)と行い(手段)の両方を入れるのです

「なにを」(課題)があり
「どうしたい・どうなった」求めている(結果)があります

その為に必要な
「どのようにして」(手段)を考えます

ここで特に注意すべき大切な所は「なぜ」(目的)の所
この「なぜ」(目的)の所を埋めずに
結果ばかりを求めてしまいがちなのです
それが、結果主義であり結果至上主義になることで求めているはずの結果が出せなくなってくるのです

「目的と手段を間違えている」とよく言われることが有ります
これは、目的の所に種(遺伝子【設計図】)を入れず果実だけを求めていることになり
縁起の理法を無視することになる
そうなると「結果さえ出せればよい」「結果が出せなければ意味が無い」ように考えてしまうのです

「なぜ」(目的)とは、「思い」であり設計図です
ここで結果ばかりをイメージすると
自らが産み出そうとするのではなくて
出来上がったものを奪う方が簡単になります

出来上がっている結果を求めるという事は
他者が苦労して造り出した結果を奪おうとすることにもつながってきます

目的と目標は似ているようで違い、目標を達成する手段とも違います
結論的に言えば、この「なぜ」(目的)の中には
全ての事象で「与える愛」という概念が入ります
思い(設計図)の中に与える愛が無ければ生まれてきません

この部分が結果に支配されてしまい希薄になってしまう原因は、
世界観の中に有ります

左翼的な思考、リベラル傾向の強い人たちには
唯物論的な世界観を持っている人が多く
悟性のメイン部分である「いつ・どこで・だれが」の世界観を間違えているからです
ここの観方を間違えると善かれと思って成したことが悪になることだってある
正邪の逆転も起こってしまいます

個人も世界もより素晴らしくなっていくためには
この7つの項目が正しく埋められている必要が有るのですが
どうしても表面的なところだけ見る傾向が有る

この全体を正しく見ていると
額に在るという第3の目で見ていることになります
涅槃寂静の境地で見ることになるのです
神仏の子であることの自覚が生まれてくることになる

このフラクタルの森
世界が素晴らしくなっていくための発信基地のようになったらいいなと思っています

次の写真は、これまでの窯周辺の変貌です

画像の説明
2015年1月

画像の説明
2014年11月
画像の説明
2004年12月
画像の説明
2005年2月

a:4357 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼