陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

フラクタルの森

フラクタルの森

岡山県加賀郡吉備中央町北546
℡ 0866-55-6968
携帯 090-2005-2215

岡山県の中央部
岡山と倉敷の間を山陰、米子方面(岡山道)に向かって約10分
「賀陽インター」を降りて左折1500m
フラクタルの森」「備前焼 玄明」の看板のあるところを左折300m突き当たりです

理念的には、哲学の森、癒しの森であり
具体的には、松茸山の復活であったり
池の周辺にカフェ施設が出来ればいいと思っています。
5000坪ほどの山の自然を活かし整備していく作業が陶芸作業の偏った動きにたいして
良い運動となっています。

大和山(Oowasan)
国道484号から見た冬の大和山とフラクタルの森
左の建物は隣の乳牛舎、玄明の窯と工房、ギャラリーはこの奥に有ります

この図は、山の中に作っている道の形です

画像の説明
この森の使い方はいろいろあります

基本は2つの視点を持つこと
神様から人間は2つの眼を与えられていますが
この眼の構造には、驚くような秘密が隠されています

右脳と左脳にそれぞれつながりながら左右の眼がクロスしてつながっていて、
つながっていると思われる額部分にチャクラが有ります

両目で見ることで立体的に見え距離も測ることが出来ます
この不思議な仕組みにはいろんな事象を立体的に正確に見るための秘密が隠されているのです

そして、もっと具体的には
論理的に深く見ていくものも有ります

「なにを」悟性(課題)を入れて
「どうしたい・どうなった」理性を埋め・・・結果(目標)
そして、「どのようにして」(手段)と
「なぜ」(目的)の所を埋めます
特に注意すべきは「なぜ」の所
ここが埋められなく結果主義になっている場合があるのです
目的と目標は似ているようで違います

もっと重要なのが
悟性のメイン部分である「いつ・どこで・だれが」の世界観
ここの観方を間違えると善かれと思って成したことが悪になることだってあるのです。
正邪の逆転も起こってしまいます

画像の説明
2015年1月

画像の説明
2014年11月
画像の説明
2004年12月
画像の説明
2005年2月

a:2564 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼