陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage

玄明の書き殴り

<< 2020.9 >>
[FrontPage]
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      


2020/9/22 (火)

陰と陽

「世界は、全て、陰と陽の要素で出来ている」
と、世界中で言い伝えがある
これは、東洋だけではない


すべて見る


パーマリンク

2020/9/20 (日)

おじさん

お客様に「おじさん」と言われて戸惑ってしまった
びっくりしたのだ

しかし、考えてみれば当然ではある
70が来た
「おじいさん」と言われても仕方がない歳だ


すべて見る


パーマリンク

2020/9/19 (土)

酔っぱらい

昨日、と言いながら
この前日前夜に書いている


すべて見る


パーマリンク

2020/9/18 (金)

西日本陶磁器フェスタ

この日から福岡県北九州市小倉にて陶磁器の展示会が開催されます
http://www.toujiki.jp/
備前焼 玄明も出展しています
120番ブースです
是非、お越しください


すべて見る


パーマリンク

2020/9/16 (水)

13日の記事

いつも見てくださっている方は
いきなり13日の記事が消されていることを不思議に思うだろう

ただ、14日に書いたこととも関連するが
問題が解決したという事だ


すべて見る


パーマリンク

2020/9/15 (火)

サプライサイド経済学

サプライサイド経済学というのが有るそうで
供給側(=サプライサイド)の活動に着目し、
「供給力を強化することで経済成長を達成できる」という
この主張が成り立つ為には生産したものが全て需要されるという非現実的もあり
大部分の経済学者から理論の正当性などに関する強い疑問が呈されているという

しかし、この考え方は、焼き物の窯から考えても正しい

マクロ経済がどうのと言われても私にはさっぱりわからないが
次の記事は、とても参考になる
https://the-liberty.com/article.php?item_id=17537


すべて見る


パーマリンク

2020/9/14 (月)

世間に有るトラブル

世界は、創造主から良きものとして創られたのに
現実には、いろんなトラブルがある

小さなトラブルが大きく成長したのが戦争だ


すべて見る


パーマリンク

2020/9/13 (日)


パーマリンク

2020/9/12 (土)

総裁選

今、3候補の意見を聞いていて
現実は難しいだろうが、聞いていて徒労感しか出てこない

根本解決策が一切出て来ず
論理的検証も無く、客観的な考察も行われず
詭弁と言うか、当たり障りのない意見だけ


すべて見る


パーマリンク

2020/9/11 (金)

インフレ率とは?

通常、物価の上昇率と言われるが
通貨膨張率とも言うらしい
通貨が膨張するとは、お金の価値が下がり
同じものを買うのに多量のお金が必要となる状況だ

物の価格とお金の価格の両面では見ているらしい


すべて見る


パーマリンク

2020/9/10 (木)

良いインフレと悪いインフレ

そして、良いデフレと悪いデフレとがある

需要と供給のバランスでインフレ、デフレが起きると言われているが
今一つ、よく判らないので整理してみた
(考えがまとまっていなくて書くのでお許しください
ただ、絵にしたり文章を書きながら考えていると発見できることが次々出てきます)


すべて見る


パーマリンク

2020/9/9 (水)

見えない力の影響

この空間にいろんな情報が満ち満ちていて取り出せる情報は限られている
しかし、電波も重力波も有れば念波、霊波なるモノも有るようで
クオークとか言うモノとか宇宙線とか、訳の分からないものが存在している


すべて見る


パーマリンク

2020/9/8 (火)

イメージが出来た

この世界がどのように流れ循環し成長したり衰退していくのか分かった!


すべて見る


パーマリンク

2020/9/7 (月)

科学的証明

その正しさを証明する時
その正しさが正当性を持つかどうかは
論理的・客観的・実証的であることが要求されるという


すべて見る


パーマリンク

2020/9/6 (日)

段階を追って考える

右脳的思考(陰・空間的)と左脳的思考(陽・時間的)で考える
これは、額に有ると言われているチャクラである第3の目で観ようとしていることになる
フラクタルの森の中心で見る事になる

画像の説明


すべて見る


パーマリンク

2020/9/5 (土)

MMTを切る

物事を考える時
スーパーなどでバーコードの情報を読み込む光の十字架のように
タテ軸とヨコ軸で見る必要が有るようだ

ヨコ軸は、対立する他者の意見を同列に挙げてみること
タテ軸は、その課題を時間的経過を見るが如く
現実、事実、真実へと考えを進めて行くこと


すべて見る


パーマリンク

2020/9/4 (金)

設計図と具体化

以前、隣で竹炭を焼いていた人が残していった窯の後を修理して使おうとしている
ただ、竹炭の酸のせいでトタン板はぼろぼろになっていて危なくて簡単に屋根の上に上がることは出来ない

そこで一生懸命に
どうすれば安全に修理できるか考えるのだが
たる木まで腐っていてやりながら方法を考えなくてはならない


すべて見る


パーマリンク

2020/9/3 (木)

正しき心の探究

この世界が、神の願いによって創られていることを信じることが出来るかどうか
私たちの心の中にも神の願いを投影され仏性、神性が人々の心の中にはある

しかし、私たちは、それを忘れ、日々、個人的な思いで生きている
時折、仏神と同じ心が前面に出たとしても、単なる優しさだけが暴走し
周りに迷惑をかける左翼思想となってもいる


すべて見る


パーマリンク

2020/9/2 (水)

奇跡体験

今、岡山のイオン倉敷のムービックス倉敷で映画が上映されている
ドキュメンタリー映画『奇跡との出会い。』

https://www.youtube.com/watch?v=Y_wsFgBgegU&feature=emb_rel_end


すべて見る


パーマリンク

 今、日本に一番重要な事 

信仰心を取り戻し
国家ぐるみの犯罪行為にブレーキをかけ
経済を成長させ国力を取り戻す事

諸悪の根源は、どこに有るのかというと
少子化や高齢化の問題では無い
コロナウイルスのせいでも無い
国民の民度が下がり、政治経済の悪循環が起きているからだ

この世だけを全てと思い込み
死ねば全てが終わるというような世界観を信じ
神仏なる存在を無視して生きる人があまりにも増え過ぎている為に
自己中で考えすぎる人達が増えているからだ

戦後教育からの左傾化が原因で
今も言われているのかどうか知らないが
マルクス経済学を学ばないものは知識人では無いという

共産主義のマルクスが言うように宗教が大衆の麻薬であるならば
神仏なる存在は詭弁であり、宗教とは、時代遅れの認識である
弱い心を持った人々の依存する覚せい剤のようなモノだ
そうであるならば
ウイグルやチベットで行われている宗教弾圧にも正当性が出て
そんな麻薬患者は、再教育キャンプに収容され
それに耐えられない人々の臓器を取り出し移植ビジネスに使っても良い
というのが無神論、唯物論国家の中国共産党の考えなのでしょう

日本でも同じように、宗教は勝手にやるのは良いけれど
宗教が政治に関わるなど問題であるかのように
政教分離と言う言葉が勘違いされ独り歩きする

本来、まつりごととは、神に代わって行う事であり
日本の天皇制も神託を受けてまつりごとに関わることで尊敬を担保されるのだが
このコロナ禍でも何ら祈願されること無く
本来の役目を果たすことが出来ないでいる

高等教育を受ければ受けるほど「信仰心」から離れていき
自分たちが神の如くふるまい
悪魔のササヤキに耳を貸す人が増えてきた

結局、善悪の基準を自己を中心として観る事で
冷静に考えれば、恥知らずの事を国家レベルでやっているのだ

犯罪とは、神の願いに反し
人々の間に良い循環を産まないから悪であり犯罪なのだ

法律で特例を作ったり
何処からも罰されることが無かったとしても
犯罪行為の本質を誤魔化すことは出来ない

神仏から見た悪事を集合体として繰り返すならば
国民の民度もどんどん下がっていくことになる
その民度の低下は、経済の成長にもブレーキをかける

そんな社会に対しては、神も支援できなくなって来る
神からの恩寵を受けることが出来なくなるのだ

日本を良くするためには、それぞれが自己中の判断から離れ
他者を犠牲にするような犯罪行為から決別し
神の願いを人々の願いとするような信仰心を背景にした社会へと変え
神からの信用を裏切らず、陰ながら応援してもらえるような国家とする必要が有る
● ネズミ講である公的年金制度                   詐欺
 (ネズミ講と違って強制加入、この犯罪を隠すために税金をつぎ込んでいる)    
● 有る所、取れる所、取りやすい所から盗ろうという徴税システム   泥棒
 (贈与税、相続税は二重課税)
 (消費税は消費に対するブレーキ・詭弁を繰り返しデフレの時に景気を冷やすとは) 
● 累進課税  ネズミ小僧や石川五右衛、これらは義賊ではない    強盗
● 公金を使ってのバラマキ                    贈収賄
 (桜を見る会など・国民に対する賄賂で財政赤字が増え、経済と民度を下げている)
● パチンコ、IR法、、公営ギャンブルなど             賭博
● NHKの押し売り                        強要罪
(昔、放送局がNHKだけの時に受信機とセットで負担して貰うことには合理性が有った)

結局は、神を信じることが出来るかどうかだろう

私は、霊的世界が有り
神仏の目から自分自身の思いと行いは、隠しようが無いことを信じている

神から観て、常に正しい判断が出来ているわけではないが
しかし、この視点が有ることで反省が出来て
より良い形に修正できる可能性があることだ

信仰心無き者こそ政治の世界から去るべきだ

公明党(創価学会)のように拝金教、ご利益信仰にしてはダメだ
バール信仰であって良い訳は無い

既存の宗教も自己中の判断で他宗の批判するのでなく
地球神の心がどこに、今、有るのか考えるべきだ

正しき心の探究」こそ不可欠だ

a:61615 t:18 y:56

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼