陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

5W2H

5W2H

画像の説明

全て、抽象的なものも具象的なものも
全て、この5W2Hの循環で成り立っている

どれか一つでも空白が有ったり
間違ったモノが入っていると良き果実は実らない

多くの人が見えにくいものを無視しているせいで
目的と目標を混同して
結果主義がまかり通り

いろんな不都合な事が起きて
悪しき果実が実っている

時間・空間・人間(主体)のWをベースに
何を・何故・どのようにして・どうなったの4象限が常に巡っている
課題があり、思いがあり、具体化があり、結果がある
悟性があり、感性があり、知性があり、理性がある

もっとシンプルに見るならば
思い(W)と 行い(H)
この2つで成り立っているのだ

世界の全てがそうだということを
肝に銘じて知っておくべきだ

人間の細胞にはそれぞれDNAという設計図が組み込まれていて
それぞれの細胞を形作りそれぞれの器官を成している
設計図が有るということは
設計者が居ることを証明する
その設計者を神と呼んでも天と呼んでも良いだろう

もしくは、自分自身がその設計者であるのかも知れない
いずれにせよ、設計図が有ると言うことは
そこに願いが込められていることを

強く強く
肝に銘じておく必要がある

もしかすれば、これが信仰の本質であるかも知れないのだ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼