陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

陰陽曼陀羅

陰陽曼陀羅

画像の説明

これはフラクタルの森の構造図ではあるが、仏教の曼陀羅の図に酷似している

この図は、十字架で表しているが
実際には無限大マーク8の字の如く循環している
その陰陽の接点が額に有ると言われるチャクラであり
仏教などの曼陀羅に描かれている仏の位置
諸行無常、諸法無我の交点である涅槃寂静の境地

この2つの軸が作る4つの要素で
全てが比喩として、相似形として循環する

陰陽の2つの軸がつくる4つの要素の中に
愛・知・反省・発展が求められているが故に
この宇宙は進化し調和し存在する

中心に主体なるモノ(仏神、天、人間)と時間と空間があり
全てが存在できている

人生も社会も政治経済も、正しく見るには
その十字架の交点、仏神の視点で考える努力がいる
感覚と論理のクロスする4象限で考える必要が有る

この陰陽曼陀羅から引き出される指針は、
単純には、常に複眼で見ること
4つの要素を埋めながら陰陽の循環を考え、さらに深く見ること
仏神の視点を忘れないように比喩で見ること
あらゆる事象の中に天(仏神)の意志が刻み込まれているが故に

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼