陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-05

Top / FrontPage / 2020-05

2020/5/31 (日)

「自分が神だと思っている」

この言葉を二人の人間から聞いたことが有る

私自身は
幸福の科学に出会い
仏法真理を学び

自分でも霊的体験が色々あったけれど
正直、知らないことが多かった
考えたことも無いことが多かった

中でも「神」という概念だ
神社などで手を合わせて祈るときも
何かご利益をいただける存在ぐらいにしか考えていなかったのだろう
深く考えることはなかった


すべて見る


パーマリンク

2020/5/30 (土)

戦争の危機

100年前の世界恐慌以上の状況の中で
世界中が財政出動を増やし
色んな形での借金を増やしている

借金が出来て経済を回せるうちは良いが
自国通貨建てで借金しても
そのお金に信用がなくなれば
紙切れで経済を動かすしかなくなり
政府が打つべき手は消えて行く


すべて見る


パーマリンク

2020/5/29 (金)

「価値」と「善悪」

価値という観点から
今起きている現象を観る

画像の説明

価値とは、様々なモノに内包されている
物やサービスにも有り
それらと交換する手段方法道具としてお金(通貨・債権・貨幣・仮想通貨など)がある


すべて見る


パーマリンク

2020/5/27 (水)

神の子

人は神の子、仏の子と言われる
神の子であるならば
親である神と似ているはずだ


すべて見る


パーマリンク

2020/5/26 (火)

陶芸体験

全ては、思い(陰)と行い(陽)で出来ています
画像の説明
人生と陶芸体験の思いの所は空白にしていますが
お金や仕事や企業というテーマで考えて
その思いの中に有るべき要素は何かと共通点を考えると
見えてくる結論は何かというと・・・・・


すべて見る


パーマリンク

2020/5/23 (土)

心霊喫茶エクストラの秘密

https://eiga.com/movie/91416/

この映画は皆んなが見るべき映画だ

ひとは、目に見えない不思議を恐れる
不思議だが
あの世も
宇宙人も信じようとしない人ほど
恐れているようだ

どうやら、深層心理の中に恐れがあるために
認めようとしない
見ようとしない


すべて見る


パーマリンク

2020/5/22 (金)

初孫

この5月4日に東京から帰省していた娘に男の子が生まれた

赤ちゃんを抱っこするのは久しぶりで
恐る恐るだったがようやく慣れて来た


すべて見る


パーマリンク

2020/5/21 (木)

経済ってなんだろう

政治ってなんだろう
政治経済、ほとんどの人は深く考える事が無いようだ
そうであるのに
誰もが一人前に意見を言う

大体が、メディアの暗示のままに
反応して言っているにすぎない

かく言う私自身も同じだ
しかし、何故、これほど経済に興味を持つようになったのか


すべて見る


パーマリンク

2020/5/20 (水)

世界の心が狂った反動は?

画像の説明

人々の世界観が狂ってきたとき
その反動は、神からのメッセージとして
様々な災いが下されて反省を迫る


すべて見る


パーマリンク

2020/5/18 (月)

天罰

今、起きている現状を考えれば考えるほど
やるせなく、いたたまれなく、腹立たしくなってくる

その原因は
自己中、自己保身
そして、お為ごかし

自己中の為に客観視出来なくなっていること
そのために善悪の判断が出来なくなっている

自分にとっての善悪でしか観ていない
善悪の判断を自分にとって都合が良いか悪いかでしか観られなくなっている


すべて見る


パーマリンク

2020/5/17 (日)

結局は、世界をどう見ているかの問題

あの世が有るか無いか?
この世界観の違いが大きく影響しているようだ


すべて見る


パーマリンク

2020/5/14 (木)

経済を考える

世界観が無宗教で
左側の考え方だと結果ばかりを考えるようになる
それは、陰の思いの部分が希薄になり
結果ばかりをイメージすることになるからです

画像の説明


すべて見る


パーマリンク

2020/5/13 (水)

進化論を考える

画像の説明

言葉にして説明しようとすればぼんやりしてしまうが
フラクタルの森に入れて見ると
眼に見えない大事な所が無い
不完全な理論だと分かる

こんな不完全な理論を優秀と言われる人々が信じているとは・・・・


すべて見る


パーマリンク

2020/5/12 (火)

お金を考える

「お金は、信用を背景にした道具」

画像の説明

三橋貴明氏と財務官僚たちのお金に対する考え方には
そううつ病の如き蛇行が有る

財務官僚はうつ病的で
三橋貴明氏などのMMT論者は、そう病的だ


すべて見る


パーマリンク

2020/5/11 (月)

フラクタルの森の基本構造

森には4つの空間が有り
大きく分けると陰と陽
思いと行いで全てが成り立っています

その思いと行いは世界をどう見るかで違ってきます
そこで重要なのは、思い(設計図)です
設計図に変更が有れば全ては変わってくるからです

画像の説明


すべて見る


パーマリンク

2020/5/10 (日)

畑の耕し

芝生をキャンプ場などに移し畑の耕しに入った
クワで耕すのだが
車が通っていた所の土は硬い

掘り起こしても細かくほぐれない


すべて見る


パーマリンク

2020/5/9 (土)

人気取りの政治は、社会を滅ぼす

安倍首相も小池都知事も愚か

この非常事態宣言の継続、
その判断には愚かさというか
非常な偏りを感じる


すべて見る


パーマリンク

2020/5/8 (金)

「エドガー・ケイシーの未来リーディング」

同時収録 ジーン・ディクソンの霊言

10年前に出版されている書籍を読み返している
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=73


すべて見る


パーマリンク

2020/5/6 (水)

真 善 美

真 善 美 という言葉がある
その対極には 偽 悪 醜 が有るだろう

私たち人間にとって
真(偽)なるもの 善(悪)なるもの
これらを見極めるのは難しい

しかし、美(醜)を見ることは比較的たやすく感じられる
器の中にも 姿の中にも 言葉の中にも
立ち居振る舞いの中にも 人生の中にもある

醜から離れ 美なるものを求めつつ
善なるもの 真なるものへと至る道を歩むべきなのだろうか

されど、天(仏神)から見れば
善なるか真なるかは 自明の理

私たちがこの地上での存在が許され
様々な人生模様が許されている背景には
見出すべき何かが
それら全ての事象の中に有るからなのだろう

善悪は、理性で
美醜は、感性で
真偽は、悟性で観る
では、知性で観るべきは何なのだろう

知性とは、学びと共に有り
学びとは真似に等しく危うくもある
しかし、学ばなければ新たな智慧を得ることは難しい
この知性を磨く旅の中にこそ魂の成長が期待されているのかもしれない


すべて見る


パーマリンク

2020/5/5 (火)

畑を拡張中

疫病の次には、世界恐慌
そして、中国発の世界食糧飢饉

画像の説明

画像の説明


すべて見る


パーマリンク

2020/5/4 (月)

専門家の落とし穴

疫病の専門家でも
放射線の専門家でも
何でそうだが

どうしても専門家という人種は、カタワになりがちだ

集中して見ることは良いけれど
フラクタルの森でいうところの片目でみがちなのだ


すべて見る


パーマリンク

2020/5/3 (日)

ことわざの如く

「百獣の王、ライオンは、我が子を、千尋の谷に突き落とす」
今、まさに、その事が実現されている


すべて見る


パーマリンク

2020/5/2 (土)

我が家に休日は無い

いま、畑を倍に広げています
中国初の世界的食糧危機が襲ってくるという事で
芋畑を作っている

フラクタルの森は5000坪あるので
葡萄畑などなら可能だけれど
実際に作るとなると重機なども必要になり大変です


すべて見る


パーマリンク

2020/5/1 (金)

命と魂、どちらが大切なのか?

今、世の中は中国コロナを恐れ命に危機を感じ
外出を避け経済活動を自粛する

このような状況下では仕方がないと思いつつ
時々感じる事がある


すべて見る


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional