陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-05-14

Top / FrontPage / 2020-05-14

経済を考える

世界観が無宗教で
左側の考え方だと結果ばかりを考えるようになる
それは、陰の思いの部分が希薄になり
結果ばかりをイメージすることになるからです

画像の説明


良い商品やサービスを提供することなく
どうすれば結果である収益を上げることが出来るかばかりを考えるようになる

財務官僚や経済の専門家と言った人たちでさえ
この4つの構成要素を意識しないために陥っている落とし穴です

道徳の大切さ
様々な行動原理の中に「与える愛」という理念が大切です

何故なら、この宇宙の全ての存在が
創造主の愛の思いから始まっているからです
全ての存在にその「愛」の思いが高度になり
より素晴らしくなることを願われているからです

親が子や孫を想う以上に期待されているからです
この神の愛の思いの理解の不足が自己中の考え方の背景にある

理解不足の最大の存在が「悪魔」です
その次に悪霊たちが居ますがそのあたりにうごめいているのが
犯罪者たちであり
結果主義者たちです

政治家の中にも、専門家と称する人たちの中にも
良識ある知識人を演じている人たちの多くの中にも居ます

財務官僚などの取れるところから盗ろうとする
税金の考え方にも色濃く現れている
それを支持している経済の専門家たちも同じです

この愛の問題を
幸福の科学の教えから学ぶ必要がある

創造主の光から学ぶ必要が有る



コメント


認証コード(0106)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼