陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-05-22

Top / FrontPage / 2020-05-22

初孫

この5月4日に東京から帰省していた娘に男の子が生まれた

赤ちゃんを抱っこするのは久しぶりで
恐る恐るだったがようやく慣れて来た


昔、わが子を始めて抱いた時の印象がよみがえってきた
その時もそうだったが
恐る恐る抱っこしていたことを思い出す

娘は出産の後
その幸福感に感謝し号泣したそうだ

ふと、神々が人間を観ている感覚をイメージすると
不思議なものが湧き上がってくる

その子を待っている様々な試練と希望
今、「空」(クウ)からスタートして学びその心の空間を
この3次元の中に広げていく

どのような使命を与えられ
どのような人生が待っているのか分からないけれど

じっと見つめ続けている視線がある



コメント


認証コード(9850)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼