陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2023-09-16

Top / FrontPage / 2023-09-16

長所と短所の組み合わせ

この複眼で見ようとする姿勢さえあれば年齢ギャップなど
プラスにしかならない


考えれば当たり前のことであり、高齢化社会といって悲観的になることも無い
高齢者の特徴や長所があり短所がある
若者の長所や短所がある
それぞれに特徴があり協力し合うことで社会全体のメリットが生まれてくる

これを消し去っているのが現代社会の病巣でも有るだろう
このミックスされた社会が理想的だと思うけれど
どうしても分断させようとする力が働く

高齢者施設や障害者施設など必要な面も有るだろうけれど
目先の効率ばかりを考え、分けて管理しようとし過ぎると
その中での教育的なモノが無駄にもなるだろう
高齢者の知恵や経験が若者に伝わりにくくなる

個人主義的な考えが過ぎて全体的な効率的な考えに向いてしまう
年金制度などでもそうだろう
年金を含めた社会保障制度に多くの税金が使われている
その負担が社会全体の成長を阻害している

弱者に優しくあろうとするのではあるが、特に政治家たちは、耳障りの良い、しかも高齢者に優しい形をとろうとする傾向がある
投票率の高い層を優遇して票につなげたい気持ちも有るだろう
これなどは、大人の欠点でもあるシタタカサが背景にある

とにかく、それぞれの短所を長所で補いあう必要が有る
家族制度の長所を生かし、行政をスリム化する必要もある
やり過ぎず良き循環を生むように工夫するためにも複眼で見る必要が有るでしょう
良かれと思い過ぎて、そこに起きるマイナス面を考えに入れておかないと
「地獄への道は、善意で舗装されている」ということわざが実現されることになる



コメント


認証コード(0834)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼