陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2023-05-04

Top / FrontPage / 2023-05-04

フラクタルの森 玄明 陰陽学

 世の中、確かにおかしくなっている
日本が経済成長をしないで、ずっと停滞し世界に後れを取っていること
世界から観光客が増えている理由も、日本の魅力が増えているわけではない
円安が進んでいること
外国の経済が成長し裕福になり人々の所得が増えていること
元々有った日本の魅力に引き寄せられて多くの人々が訪れようとしているのだと思う
日本の治安の良さ、四季の風景の美しさ、人々の温もりなど魅力は一杯あるのだろう

そこには、日本人の良い面が現われてもいるのだろうが、
その日本人の良い面が、逆に悪い面にも現れている可能性がある


なぜ、日本の経済が低迷を続けているのか
様々な理由が有るだろう
根本には、日本が世界で唯一社会主義の国づくりが成功している国だと言われていることと関連が有りそうなのだ

社会主義とは、旧ソ連の考え方であり、統制経済という言葉が浮かぶ
社会主義と共産主義は似ていて、共により平等で公正で調和のとれた社会を実現しようとする考え方
旧ソ連などで、社会主義政策は失敗に終わったけれど、確かにその考え方には良い面も有ったから取り組まれたのだろう
ただ、どのような考え方であっても、人が関わる以上
その国の人々の気質に影響される

社会主義だと、どうしても大きな政府となる
全体主義にもなり易く国民の個人のワガママは押さえつけられる
日本人の真面目さ勤勉さが良い影響を与えて曲りなりに成功しているのかもしれない

どのような理想的な考え方にも良い面と悪い面が有り
良いところを伸ばし、悪いところを抑える必要が有る
どうやら、悪いところを伸ばし、良いところを抑えてしまった可能性が有るのだ
理想を描くことは大切だけれど、その理想の本質を見ることなく
単に自分たちの都合だけで道を選んでいたとするなら道に迷うことになりかねない
なにが良くて何が悪いのか、この善悪の判断が未来を決めてきた結果
今の日本の現状が有ると思われる

たとえば、良い判断と決定されたことでも、そこには長所と短所の両方が有る
逆の場合でも、多くの場合そうだ
その両方を見据えて行動しなければ、良い道だと思い進んでいたとしても修正するべきタイミングは来る
まさに車の運転のごとくハンドルが有り、アクセルが有りブレーキが有ることとフラクタルだ
車の運転とか船の操縦とか飛行機の操縦では、次第に要素が増えて難しくなるが
人間が生きていく上での操縦の要素とは比較にならないだろう

この人生行路の操縦で考えるべき点は多く有るけれど、大切なことは何かを考えておかなければ
当然ながら道を間違え、アクセルを間違え、ブレーキを間違える可能性がある

「大切なことは目に見えない」という言葉が有るように
大切なことを見逃すと、求めているものが得られないばかりでなく
求めているものと反対のものを引き寄せる可能性もある

「全ては、陰と陽で成り立っている」という言葉もある
「陰」とは見えにくいもの  「陽」とは見えやすいもの
陰陽とは、裏と表の関係のごとく支えあっているもの

その見えにくいものは、時間、空間、人間の三か所にある
時間   結果を支えている原因
空間   自己を支えている他者
人間   左脳的理性を支えている右脳的感性

善悪の判断が人、時、所の違いによって左右されるように
ここで見えにくいものを見逃がすと大変なことになる

この三か所を統合して考えられることが大切だと思う
このフラクタルの森での考え方が、見えにくいものを見せてくれて
正しいい判断ができることを発見できた

この考え方が、様々な課題の解決に応用できることを知って欲しい
全てを統合して、一言で説明するならば、次のようになる

「両目(複眼)で見る」

両目とは陰陽の眼でもあり、比喩で見ると右脳的なモノと左脳的なモノを基本とする
片目では立体的に見えないように思考も同じことで
拡大すると複眼で見るということにもつながってくる

「両目(複眼)で見る」とは、言い換えるなら
見えているモノと見えていないモノの両方を時間空間人間の中に見ようとすることになる
結果と、その原因を見みようとすること
右脳的なモノと左脳的なモノ
他者と自己の視点で考える事
その両方を見ながら、どう反省できて修正を加えることができるか考える事
そして、その複眼で見たことを統合して判断できるためには
第三の視点が不可欠であること
目でいえば、左右の目と額に有ると言われるチャクラ、第三の目で見る事
脳でいえば、右脳と左脳を統合していると思われる前頭葉の視点
他者と自己の意見を白紙の上で見ている神(全体)の視点
要するに自己を超えた偉大なる霊存在を意識して、その視点で見ようと出来るかどうかにかかっている

どうやら、頭脳明晰と思われている人の中には
左脳的にだけ優秀で右脳的な所が未成熟な人も多く
立体的に見られない為に社会を蛇行させているのが現状のようだ
更に、神なる霊的存在を意識できない人がほとんどで
自らが神のごとくになり、更に蛇行を深めていった結果が今である

その判断に国民一人一人が従順に従い反省を求めることもしない傾向がある
要するに、全体が思考を停止させている
その思考停止の原因は、唯物論が蔓延し、霊的世界を否定し、神を否定し、左脳的に優秀な人をその代わりに据えているようなところが有るからだ
全体的に見えにくいところを無視して、見えやすいところばかりで見ているために簡単に車の操縦席から降ろされ身を任すことになった
全体的にアクセルとブレーキを間違えた為に起きている

この構図は、世界中で起きて滅亡の危機にさらしている



コメント


認証コード(7187)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼