陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-06-12

Top / FrontPage / 2020-06-12

科学的と非科学的

アフリカのマダカスカルでコロナ対策に薬草茶を勧めているという
このニュースをNHKは非科学的というコメントで流していたが
さて、どちらが非科学的なのか?

代表的なのが宗教の問題だ

科学的と称する中に
どれだけの欺瞞と誤謬が含まれているかを
無知の知を知らない愚か者たちは知っているのだろうか

見えないモノを無視すると
どれだけ重要な要素を忘れ去ることになるのか

備前焼の持っている効用は
科学的証明などされていない
しかし、その効果は経験則として知られている

水が悪くなりにくく
花持ちも良く、飲み物をまろやかな感じにしてくれる働きが有るが
無知なる科学での証明など必要とはしない

霊的死後の世界も
幽霊話であるように世間の常識から考えても無視できることでは無いし
未成熟な科学で証明されるようなモノでも無い


見えない世界を意識して
瞑想的に感じようと努力するなら
この宇宙が全て
創造主たる神によって創られているとするなら
この世の仕組みには完璧なものがあるだろう

人間の都合に合わせてくれないからと言って
非科学的なことを認めないとするならどう言えばいいのだろう

コロナばかりでは無いが健康を考えると
免疫力は無視出来ない

免疫力を考えるなら
健康を害するウイルスもあるだろうが
害を為そうとするものから守ろうとする微生物たちもいる
そのような存在たちに助けられて
いろんな生命体は生きている

これは、まさに、フラクタルなのだ

人間にも世界を幸福にしようとする人たちもいるが
積極的に混乱に陥れ不幸をまき散らそうとする人たちもいる
良かれと思って害をなす人たちもいる

そもそも、自然界を見てみると弱肉強食のように見えて
実際は、共存共栄の姿がある
それぞれが勝手に生きているように見えながら
神の創られた世界は、誠に不思議な世界だ

日本などコロナ被害が不思議なほど少なくて済んでいる理由には必ず原因がある

免疫力を活性化する何かがあるのだろう
食物から得た免疫力活性化物質も有るのかもしれない
おそらく、心の問題もあるはずだ

癌細胞を抑えるのに笑いの効果があると言う
免疫力は、心の状況にも関係する
創造主から見て好感を持って見られるものには免疫力をアップする効用がある

アメリカのように何かあれば暴動が起こり掠奪が起こるような社会では
免疫力が上がるわけは無い
中国のような神仏を無視した世界では
ウイルスそのものが育てられ世界を蝕んでいく
それを隠す為に嘘だらけ誤魔化しだらけの社会だ

結局は、共存共栄の世界を意識せず
世界を弱肉強食だけで見ているなら
その認識の通りに働いていくのだろう

滅びに至る道しか目の前には無い

備前焼も不思議だが
これは、微生物たちやそれらが育んできた鉱物など
いろんなものが集まってその存在を在らしめている

私は、もっと、このことを意識して
免疫力アップに貢献できるような製品を作っていきたい

ただ、最高に免疫力が上がるのは
純粋なる信仰心だろう
創造主、神と一体となり
神の願う方向と人々の願いとが一致するなら

この宇宙創造に関するような
不思議で素晴らしい偉大なる力が働くことは想像出来る

神なる力を無視し
自らを神の如く、結果のみで推し量ろうとする
愚かなる存在達の暗躍ごときで
崩れ去るような世界ではない



コメント


認証コード(0807)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼