陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2018-10-11

Top / FrontPage / 2018-10-11

与える流れと 与えられる流れ

陰陽の法則、因果の法則を理解していただくために
少し5W2Hというくくりから離れる感じがしますが
次のように見ていただければ分かり易いでしょう

陰の流れ と 陽の流れ
原因となる流れ と 結果となる流れ
この二つの循環で成り立っている


例として、商売のことを考えて見ると

なぜ、商売をするのかと言えば
その対価、収入を得ようとするためと言ったほうが分かり易いでしょう

結果(陽)の流れが表面にはあります
    商売をして   ・・・→  対価を得る
そのためには、原因(陰)の流れが不可欠です
    商売をするための仕入れ・準備 ・・・→  対価を払う
      
どのようなこともこの流れを無視しては成り立ちません

陶芸でも一緒です
結果の流れが
    器を販売して ・・・→ 対価、収入を得る
そのために
    器を作るための  ・・・→ 対価、支払いをする

政府がする借金でも同じです
    国債を発行して ・・・→ 借金、対価を得る
そのためには
    国債を償還して ・・・→ 借金、対価を払う

これは金融に関することですが、この政府の借金は何かの為になされますので
ここでも陰と陽の関係が成り立ちます

政府は、
    行政サービスを通して ・・・→ 税金、対価を得る
そのためには
    公共事業、行政サービスをするための ・・・→ 対価を払う

画像の説明

世間にはいろんな課題が有りますが
大きくくくれば、商品やサービスを産み出す側と
その提供を受ける側とで成り立ちます

供給の流れ
    仕事をして ・・・→ 対価としての給与が与えられる
    仕事のために ・・・→ 対価としての投資がある
消費の流れ
    商品が提供され ・・・→ 生活に潤いが与えられ
    商品やサービスを得るために ・・・→ 代金が支払われる

この二つの流れを総合して「経済」を考え5W2Hの流れに合わせていくと次のようになります

    仕事によって      商品やサービスが産み出され
     (何を)          (なぜ・愛)
    その代金から      給与、所得が生まれる
   (どのようにして)     (どうしたいのか)

どうしても、この3次元、此岸においては結果の流れが表面に来ますが
4次元以降の世界、彼岸においては原因の流れが重要なようです
この対価を得る、収入を得るという事が誘因となって
霊的世界での目的が達成されるような感じがします

対価を得るためには、対価を払う必要があるという事を考えると
その対価の中に込められている愛の質が問題になるようです
「愛は、与えた人のモノになる」という教えが有りますが
これは陰陽の法則そのものであるのでしょう
眼には見えないけれど、その見えないものが大切であるということのようです
そのためには、魂の向上という事が不可欠なのでしょう
「布施」の本質も、おそらくそこに在る



コメント


認証コード(0604)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼