陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2022-06-23

Top / FrontPage / 2022-06-23

悪い木(種)と悪い果実

マタイ伝に次の言葉が有ります。


「にせ預言者たちに気をつけなさい。彼らは羊のなりをしてやって来るが、うちは貪欲な狼です。あなたがたは、実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。
同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。良い木が悪い実をならせることはできないし、また、悪い木が良い実をならせることもできません。良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。こういうわけで、あなたがたは、実によって彼らを見分けることができるのです。」

政(まつりごと)とは、本来なら、神に代わり地上を治めることです。
宗教家的な予言者ではないでしょうが、未来を想定し、神の国が実現できるように働く人達が政治家となり、国家の舵取りをしていきます。

ここで言われているように、ニセ預言者、要するにニセ政治家たちが、この地上にあふれることで、この地上に良い実を結ぶことが無くなります。
悪い実からは悪い種が生れ、さらに地上は荒れ果てていきます。

今、世界の現状は、そのようになっているでしょう。
人々が、良い種と悪い種との見極めを間違い続けているためです。
外見だけを取り繕い、目に見える樹勢けを見て、その木を育てていくなら
世界は悪い果実でおおわれてきます。

日本の政府の1200兆円を越える借金なども、悪い果実です。
ここで、さらに借金を加えバラマキを拡げようとしています。
経済成長させることなく、一般庶民の貧困化が進んでいることも悪い果実そのものです。

この連鎖に気づかず、目を背け、MMTなる考え方などを持ってきて
自らをごまかすようなら、さらに種を腐らせることになります。

人々は、ニセ政治家たちを選び続けてきた罪が有ります。
そのニセ政治家たちを、投票という選択で取り除けなかったならばどうなるでしょう。
「みな、切り倒され火に投げ込まれる」ことになるでしょう。

画像の説明

種が蒔かれて
水をやり
果実が実り
報いあり
果実の甘さ苦さにも
種と育ちに理由あり
己自身の幸・不幸
過去に必ず原因有り
振り返り見て反省の
心起こすは正見なり

これは、解脱の言葉「仏説・八正道」の一部です

反省の教えですが、人々が反省することなく
悪い種を植え、悪い木を育て続けるなら、悪い果実が世界を覆います。
そのような世界を神は黙り続けて放置されることは無いでしょう。

神でなくても、そのような畑は、掘り返し、新たに造り変えることになる。



コメント


認証コード(1829)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼