陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-11-12

Top / FrontPage / 2020-11-12

アクセルとブレーキとハンドル

車の運転に関わる要素だが
フラクタルの森的に見ると
これは、人生にも社会の中にもあるものだ

これらの操作を間違えると事故が起きたり
目的地にも行けないことになる


政治経済でも同じだ
今、Gotoなんとかが推進されている
これは、アクセル操作だ

もちろん、経済にブレーキ現象が起きているからアクセルを踏む
しかし、この状況判断に間違いがあると事故が起きる

経済にブレーキがかかっているのは
コロナでの自粛ムードが原因だが
その前に昨年10月からの消費税増税から始まっている
もちろん、それまでの増税路線とか
政府のバラマキで国民の自助努力の精神が奪われ悪循環が生まれているからでもある

その結果、過去最大の財政赤字が膨らんでいる
まだ、日本は国民一人当たりで見ると世界一の金持ちだという
その資産が信用となり、まだ借金が出来る環境にあるようだが
GDPが増えていない状況下で
この信用はいつまでも持つはずはない
どこまで借金が出来る状態かわからない
信用が無くなってしまうとその悲惨さは想像できる

そのために、財政再建が言われて増税路線で進んでいるのだろうが
その中でも状況判断に間違いがあるために運転操作を間違える

経済を成長させないバラマキにアクセルを踏み
経済にブレーキをかける増税にアクセルを踏む

両方で経済成長にブレーキをかけているのだから
この30年間の停滞は当然のことながら
とても異常なことだ

結局は、政府の仕事が仕事として成り立っていないのだ
そんな仕事を高給を得ながらしているのだから
愚かとしか言いようがない

このGoto トラベルなどもバラマキではあるが
そこにアクセルをかけても
ずっと踏み続けることは不可能だ

経済にブレーキがかかっているなら
そのブレーキを外すことからしなければならない

一番重要なのは消費税を無くすことだ

それなのに、コロナ対策として
さまざまな出費を重ねている
その出費がコロナを抑え込めるのであるなら良いだろうが
コロナを封じ込む動きとは逆になる

コロナを蔓延させるためにアクセルを踏んでいる状況にもなっているだろう
もちろん、関連業者の苦境を助けるためなのだが
「地獄への道は善意で舗装されている」という言葉通りだ

そんなお金の使い方で無く
消費税を無しにしてブレーキの解除が一番良いが
直接コロナ対策するなら次亜塩素酸水の大量噴霧とか
アクリル板の設置費用とかの直接支出や
助け舟を入れる必要のある業種に対して
消費ポイントを付与するような制度の方が有効だ

消費をすればポイントがもらえ
そのポイントが色んな消費に使えるようにする

要するに消費税が消費のブレーキになっているのだから
それを逆に働かせるのだ

ほんとうは、全体に重くのしかかってブレーキを取り外すべきなのだが
旅行業界と外食産業にて試してみるのも良いだろう
そこでの費用対効果、その循環に希望が見えれば
思い切って恒久的に全体の消費税を廃止することだ



コメント


認証コード(8425)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼