陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-11-08

Top / FrontPage / 2020-11-08

トランプの敗因

とりあえず結果は出された
しかし、このままこの結果が固定されるわけではない

だが、トランプの敗因は何だろう
バイデン人気が勝っていたわけでもない


間違いなく、トランプに対する反対票だ

パリ協定からの離脱
中国などへの関税攻撃での自由貿易の危機
不法移民に対する締め付けなど色々ある

しかし、これらは、全て原因と結果に対する深い洞察が有っての事だ
それが、多くの人には理解できず無茶苦茶な大統領だとの印象が有り
マスメディアもそのことを煽ってきた

しかし、その功績を見ると
大きな減税効果も加わり昨年までのアメリカの好景気があり
失業率が大幅に減っていた
世界経済をけん引するくらいに向上していた
目に見える形で結果も現れていたのに
コロナ禍で霞んできたのだ

今朝、左翼系のテレビを見ていても「常識」という言葉がよく出ていた
トランプには常識が無いという事だが
いつの時代にも
常識、非常識は変わってくる

正しさと不正も変わってくる
善悪もそうだ

地球温暖化の問題も二酸化炭素の排出量の増加が原因だとする意見
これは、世界の常識のようになっているが
私もトランプと同じ意見で賛同できない

常に書いているように
前提が違えば、その前提を信じる程度に応じて後の事に違いが出て来る

森の基本 2

その前提の違いとは、世界観(宗教観)であり
ある意味「真理」のことだ
真理を知らず
その前提とされている「常識」に間違いが有ると
間違った結果が待っていることを心するべきだ

この選挙結果がどいう形で決着がつくのか判らないけれど
バイデンにやらせてみるのも一手なのかもしれない
アメリカ経済の衰退をオバマ政権以上に進め
中国共産党の覇権主義に抑止力をかけることが出来ず
中国の軍門に下ることになるだろう

という事は、日本が中国の支配下に入ることだ
そういう結果を、日本の政治家や知識人と言われるような人は求めていることになる

日本もアメリカも
メディアも学者も
多くの人がこの世の前提、真理を見誤っているせいで
狂った判断をしていることに気づいてくれればよいが
おそらく、難しいだろう
何が有ったとしても、そのような人たちは
自分の判断に間違いが有ったとはなかなか認めはしない

死後の世界の有無も
証明は出来ないけれど状況判断すれば「死後の世界が無い」という答えを選ぶことには無理が有る
「神なる存在が在る」という事が常識であるはずなのだが

今まで、いろんな人に質問しても
この私の常識としている認識は
どうやら非常識であるらしいのだ

常識と非常識が真理と言う物差しに置いて逆になっているような世界は
創造主が在り、神なる存在が有るなら
いつまでも放置されることは無いだろう

アメリカの選挙で西海岸は、簡単にバイデン氏を選んだ
おそらく真理に反した常識の人達が多く住んでいるのだろう
そのカリフォルニアあたりが天変地異により没することを
いままで、いろんな予言者の言葉で聞いたことが有るけれど
この選挙の推移を見て、ふと思い出したことだ

アメリカの有名芸能人の左翼偏向ぶりには驚いていたけれど
その影響力からしても無理は無いのかなと思ってしまう

神仏を認めない悪霊たちの中でも
影響力のある悪霊は、地獄の最深部に隔離され
一般の悪霊たちと離されるという

最深部に落とすしかないのだろう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
敗因は、神仏を意識しない人たちは
自分達や自分の意見に賛同してくれる存在を神と見る
神と悪魔が逆転していても気づかない

郵便投票では、誤魔化そうと思いさえすれば簡単に出来る
正しいことをしていると思いながら不正選挙に加担してしまう背景には
神仏を信じていない常識が背景には在る
神仏を信じていると思いながら悪魔を信仰している場合もある

その悪魔と神とを見破る方法は、自己中になっていないか
結果主義になっていないかを考えなければならない

僧侶でも司祭でもこの判断を狂わせている人たちが多いことを知っている
もちろん、正しい宗教である「幸福の科学」のメンバーであってもそうだ

大川隆法先生の教えは至ってシンプルで簡単なのだが
このシンプルな法則を実践することは難しい

常に「正しき心の探究」をする姿勢と
愛・知・反省・発展の㈣正道の学びと実践である

これは、釈迦の八正道とも関連している
私は、これらを理解する為に造ったのが一連の次の図だ

s_image-inyounojyumoku.png



コメント


認証コード(7346)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼