陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-06-17

Top / FrontPage / 2020-06-17

差別問題の蛇行現象

いろんな差別問題lがあるが
この原因の根底は
このフラクタルの森で中心に訴えている事に関連する

それは、目に見えないところを無視する傾向性だ


表面的なところばかり見る事で蛇行する
差別反対のデモをする人も
差別的な言動をする人も同根の所が有る

それは、そうする事が簡単だからだ
自分の中の正しいと思っている所を出すだけで良いからだ

基本、次のような3点測量ができていれば防げる事である
信仰心があり神仏の視点で考える事が出来れば防げる事だ

画像の説明

もちろん差別的な言動をする人には問題がある
しかし、自分は良識ある人間だとして
逆差別的な言動をしている人を見ると同じ感覚を受ける
テレビでデモをしている人たちを見ても同じ嫌な感じを受けてしまうのだ

逆にこちらの方に問題を感じる

単純に差別的な言動をする人は
分からずに、ただ、反応しているだけであり
単に動物的でその罪は軽いけれど
良い人を気取って自説の正当性だけを前面に出している人の罪は重い

これは、リベラル傾向を持つ左翼的な人たちに多い
一見頭が良いのだけれど
神仏からの視点が希薄な為にその愚かさは拭い去る事ができない

昔、読んだ三島由紀夫の本で面白いことが書いてあって記憶に強く残っている
細かなことは忘れたが
「不良は自分でも不良だと分かっているからまだましだけれど
まともだと思っている人の方が問題が大きい」といった内容だったと思う

色々考えることは多いけれど
とにかく、あらゆる問題の根源は
この「信仰心」の欠如に有る

今度の東京都知事選挙にれいわの山本太郎が出馬するという
そして、応援する人が左翼には当然ながら
右翼と観られる人にも応援しようとする人がいる

共に、この客観視が出来ないからであり
神仏の視点が無いからである

もし、この選挙で山本太郎が善戦したり
万が一当選するようなことが有るならば
この東京は、この日本は、神から見離されることになるだろう
富士山の爆発とか神罰と思えるようなことが
さらに続くことになるだろう

3点で観る事が当たり前の政党・幸福実現党
ここから出馬する七海ひろこさん
彼女がかじ取りできるなら
繁栄の時代は遠くないのだが・・・・
https://www.youtube.com/watch?v=0-fi6XV9jNw



コメント


認証コード(7241)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼