陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-06-05

Top / FrontPage / 2020-06-05

良識ある知識人を目指す人たちの結果主義

昨日の文章とも関連するが
眼に見えやすい所を飾ろうとする傾向性だ

これは、左脳的な部分であり
ここでの幸福感、満足を意識する為に起きる事

本当の幸福とは何かを理解できないでいる


幸福の本質は、右脳的な所に有り
その現実化が左脳的な所に現れるのだ

ここで、昔書いた私の詩で表現してみます

≪お孫さんを抱いて
幸せそうな笑顔を見せているご婦人に聞いてみたことがある

「今までの人生の中で一番幸せだった時期は?」

今がそうだと言われるのかと思ってのことだった
しかし、その答えは
「もう一度やれと言われたら二の足を踏むけれど、自分の子育ての時期が一番幸福な時だった」
と

以外でもあったが 納得もした

そしていろんな人に同じ質問をしてみても
異口同音に同じような内容が返ってきた

自分の存在が必要とされ
自分の仕事が 子供とはいえ
他者の役に立っていることの意義
このことは自分自身の存在意義とも深く関わって
人間とは何か? 何のために生まれ
何のために 生きているのか?
この問いに対する答えでもあるだろう≫



コメント


認証コード(6429)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼