陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2019-05-09

Top / FrontPage / 2019-05-09

MMT(現代貨幣理論)の是非

画像の説明

私の知識の中にある是非論を書き出して見たが
少し難しい感じですかね

しかし、ある票を見つけました

財政出動の金額と経済成長の度合いを票にしたものです
中野剛志氏か三橋貴明氏のユーチューブでしたが
世界各国の財政出動と経済成長との関係がグラフにされていて
一目瞭然なのです

日本が一番低く
中国が一番高い
そしてその中間をアメリカなどが、その財政出動に応じて順番に並んでいるのです


この票の数字的な処理がどうなっているのか
算数の苦手な私には完全には理解はできませんが
とても説得力の有る票でした

財政出動と為替の関係もよく分かっていないのですが
中国は、間違いなく経済成長をとげて日本を追い抜き
アメリカに迫っていることは間違いが有りません

おそらく、民主主義国家でなく
共産党の一党独裁で強引に経済政策を実行できることもあるのでしょう
他の自由な民主主義国家では、色んな意見が交錯し
政府がやりたいように自由に財政出動できないせいも有るのでしょう

特に日本では、MMTの証明に引き合いに出されるように
緊縮財政をすすめ、財政出動が出来なくなっています

NHKはじめ大手メディアは、政府の赤字が1100兆円を越え
国民一人一人が800万円以上の借金を背負っているという
間違った、悪意に満ちた報道を流し
このままでは財政破綻して未来の子供達にツケを残すとオドシをかけ
消費税などの増税を認めさせようとしています

このような催眠術をかけてまで増税し
政治家や官僚達が自由に出来るお金を増やそうとしています

とても理不尽なことを政治家(財務官僚)たちは、やろうとしていますが
その催眠術にかかっている国民も同じような勘違いと
悪魔の心に支配されるような自己を中心とした考え方に染まっているのでしょう

ハルマゲドンという言葉が有り世界最終戦争のことが予言されていますが
今、まさに、その真っ最中です
悪魔と神との戦いです

悪魔は、経済にも戦略的に手を加えます
神の側に立ちそうな国の経済を停滞させ
悪魔の側の経済を成長させ
神々の影響を多く受けている勢力の力を削いでいこうとします

アメリカのトランプは、信仰心が篤く神の意志を多くくみ取っていますが
中国共産党は、神を信じていません

もう一方で、悪魔は
自分の力を広げるために
その肝心な宗教の世界にまで力を及ぼしています

イスラム過激派に神の心が有るかと言えば、あの自爆テロを見ても
神がそのことを支持されているはずは有りません
来世、天国に入れると暗示に掛けてテロを仕掛けさせているのでしょうが
自分たち一方の正しさだけを信じさせ
自分たちと対立する側を悪魔の勢力と暗示に掛け殺させています

これこそ悪魔の仕業です
オウムなどの間違った宗教も日本にはたくさんあります

いろんな宗教に関わる人と議論するのですが
立体的に見られない人達がたくさん居て、
自分の正しさ、自分たちの安心安寧、自分たちの利得ばかりにこだわります
間違った宗教に手を貸して正しい宗教のじゃまをします
正しい宗教の信用をおとしめるために様々なことをしているのです

オウムの悪事がばれていなくて勢力を伸ばしている時にも有りました
多くの有名人が言っていましたが
幸福の科学は、時代に咲いたあだ花であり
オウムはまじめに修行をしている団体だと言うのです
名前を何人か挙げることも出来ますが、本当にそう言っていたのです

当時、私も書店を廻り幸福の科学の本を置いて貰う活動もしていましたが
同じようにオウムも廻っていたようで
ある書店の店主などもオウムに取り込まれかかっていた人も居ました
今となれば分かっていることですがそのように悪魔に吹き込まれ
悪魔に協力していた人達がいっぱい居たのです

悪魔の側で協力しがちなのが、政治家や官僚、メディア、影響力の有る人々です
俗に良識有る知識人と言われるような人達に多く
心の隙に取り入って狂わせ、知らずに悪魔の協力者にさせられているのです

政治経済も思想宗教も陰陽の裏表の関係であり、切り離すことの出来ないモノです
知らずに悪魔の協力者にされている人達の
その原因は、神を信じていないからです
神を自分の利益に仕える召使いのようにしか翻訳していないからです

このMMT、経済に関する理解も
悪魔に対する防波堤にはなりますが
しかしです
但し書きが必要なのです

財政出動してお金を市場にいっぱい出して景気刺激策をしたとしても
その刺激策が悪魔に利用されることも有るのです
悪魔に利用されている宗教が有るのと同じです

先に挙げた
中野剛志氏や三橋貴明氏や藤井聡氏たちが
学ばせてはいただいているのですが
完全に神の心をくみ取っているのか不透明なのです
時々私も理解に苦しみ霞にかかったような意見が入っています

それは、私の頭の悪さのせいでしょうが

しかし、どんなに素晴らしい意見であっても
杓子定規にしか理解できていなければ悪魔にその理屈は利用されてしまう

昔からキリスト教の人とはご縁が有り
彼らに意見として必ず言っていることは
「悪魔が人を地獄に引き込もうと思えば、聖書の中にある言葉だけ使っても可能」
と言うこと
人・時・所を変えれば良いからです
状況によってハンドルとアクセルとブレーキを間違えさせれば可能だからです

昨日も保育園児が巻き込まれ死亡する様な事故も起こりましたが
運転者にチョットだけ間違いを起こさせれば良いことなのです
それだけで多くの人を地獄に引き込めます
おそらくその様な隙が運転者に有ったのかもしれません

悪魔の手法は、様々有り何段階も有るでしょうが
本当の意味での信仰心が有り
常に「正しき心の探究」さえしておれば
悪魔の手先になることは無いのでしょう

幸福の科学の内部でも
この「正しき心の探究」をお怠り教学をおろそかにして
考えの主体を常に自分に於くようになると悪魔のそそのかしを防ぐことは出来なくなります
自分自身を守るためにも
無我なる愛、純粋なる信仰心が必要だと言うことです

経済の問題でも
そのお金の使い方が国民の本当の意味での幸福に貢献するモノなのか
無制限の財政出動が、経済を成長させたとしても
滅びの門の鍵を開けるようなモノなのです

たとえ、中国がこのままアメリカを抜き、
軍事的にも経済的にも世界を支配し
この地球を一国でコントロール出来るようになったならば
そのような神を否定する無宗教の中国共産党が独裁するなら
それは、地球が滅亡する引き金にもなるでしょう
根源なる神は、それを許されるはずが無いからです

おそらく、神を否定する中国が世界の覇権国となることは無いだろうと思いますが
それまでに、神の鉄槌は下るでしょう
その前段階をあのトランプはやろうとしているようです
もし、彼が負けると起こりえない話では有りません

それを阻止するためには、
日本の経済を成長させ
GDPを増やし経済力を増して国民を幸福にしつつ
国民に神仏の願いを聞き取る力を増していただけるような啓蒙活動をして
経済的にも軍事的にも抑制力を働かせて行かなければ
アメリカ一国では難しいでしょう

トランプが大統領で居られるのもあと一期だけです
それも、状況によっては阻止されてしまいます

民主主義の国です
アメリカ大統領をトランプが続けられないようにと
巧妙なすり込みを受けた悪魔の手先になっているような人達が
色んな所で頑張っているからです



コメント


認証コード(2573)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼