陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2019-01-16

Top / FrontPage / 2019-01-16

結果の示す意味

画像の説明

この図は、ある意味
この宇宙、この世界を知るための道しるべでも有るでしょう

人々を含め全存在が
環境(世界)の中で思うことと行うことでその生涯を生きています
思い行動することでその結果を導き出しています
思いとは、設計図であり、イメージであり、欲求です
行いとは、具体化であり、実践です
その結果を見ながら修正しイメージに沿うように修正していきます
その場合、具体化の方法だけでなくそのイメージ(設計図)を修正する場合も有るでしょう

原則、思うことと行うことで全てが成り立っています


宇宙は、全て陰と陽で成り立っているというようなことが
全世界、大昔から言われているようですが
まさにその通りです

思いは、実現していくのです
思いは、その強さに応じて行いに転化し実現していきます
全存在は、思いによって自らに良き結果を引き寄せようとします
思いは、その方向性により、理想的なモノを引き寄せるかそうで無い場合も有ります

全存在がその法則を使って自らにとって良き結果を導き出そうとしているのですが
それぞれに個性が有り
それぞれの自由性の中でぶつかり合い
思った結果に繋がらないというのも真実です

社会全体がどこに向かっていくかという課題でも
その社会を構成している人達の思いの方向性がその未来を決定していきます

何をどのように思おうとも自由が与えられていますが
その思いには、神(創造主)から見たレベルの差が有るでしょう
善なるモノも悪なるモノも有るでしょう
神の願いと同通するモノとはじき合うモノも有るでしょう

人々の思いが神の願いと違うモノで満たされるならば
その思いが多数であり強く有って
神の願いを思いとして行動している人が少なければ
一人の思いとしては最大の思いを投げ出していたとしても
悪しき思いの人達に蹂躙されてもしまいます

イエスキリストの時代もそうでした

しかし、その願いが神の願いと同通しているもので有ったが為に
イエスの死後
イエスの思いは実現したのです
その愛の教えは広がっていったのです
イエスの願いが神の願いと共に有ったが為に色んな奇跡も起こりました

しかし、時代が下れば
そのイエスの教えも間違った人々に利用され変質していきました
これは仕方の無い流れなのかもしれません
仏教もイスラム教も他の宗教も同じなのでしょう
そのためにそれぞれの覇権を競い争うことを合理化してきたのでしょう

創造主、地球神、神と同じ思いをもつと言うこと
神の願いを、仏の心を我が心として生きることは難しいことです

悟ると言うことは難しいことです

しかし、この宇宙を創られた神の願いと同じ心で
この地上世界で生きることが出来るなら
イエスの時代に起きた奇跡など普通に起きても良いのです

なぜなら、私達自身も神によって魂も創られた神仏の子で有るならば
同じような属性を持っているからです
イエス以上の偉大なる方が存在し
その善なる思いを発散し勇気ある行動に転化する人が多く存在すれば
イエスの時代以上の奇跡も起きてくるでしょう

今、私達は、その奇跡の一部を見ています



コメント


認証コード(7003)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼