陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2017-10-02

Top / FrontPage / 2017-10-02

民進党の分裂

今までよく一つにまとまっていたのか不思議です

考え方の違う人たちが一緒にやっていたのは
共通の目的が有ってでしょうが
政策に違いが出るということは、世界観、人生観、宗教観が違うのです
世界の見方、政治の見方が違うので考えの違いも表面化します
簡単に言ってしまうと右と左の人たちがくっついていた理由は有りますが
理想を描いてのことではありえないでしょう

そもそも、今の政治に理想というものは見られません

選挙に勝つこと、食いっぱぐれしないこと
おそらくそんなレベルではないのでしょうか


自民党と公明党が一緒になっているのは
共通の目標が有るからです
それが何であるのかは、公明党の母体の宗教の考え方から観て取れます
キーワードは「ご利益」です

あまりにも表面的なご利益ばかりを追い求めている姿が見えます

理想を掲げているでしょうが、自分たちの私利私欲の理想です
神仏の理想を実現しようとする姿が、本来のまつりごとです
しかし、彼らは
神仏も自分だけに利得をもたらすような存在だけしか認めないでしょう
自分たちの利得ばかりを願っているのでしょう

神仏(地球神)の視点で他者も意見の違う敵も観る努力をしない限り
善悪の判断は出来ないでしょう
画像の説明 



コメント


認証コード(6958)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼