陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

calendar FrontPage/2018.10

Top / FrontPage / 2018.10

<< 2018.10 >>
[FrontPage]
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018/10/30 (火)

思考の構造

以前作っていたものを作り変えました
フラクタルの森の構造図でもあります

画像の説明


すべて見る


パーマリンク

2018/10/28 (日)

政府の借金は消えつつある

政府の借金(国民の借金ではない)は、1000兆円以上有ると言われているが
日銀が金融緩和で国債を大量に買い込んでいることで実質的には、政府の借金は消えている

政府は日銀の株式の半分以上を持っていて子会社でも有る
連結決算すれば、当然ながら日銀に借金の返済することなく
帳簿上の処理で済んでしまうのだ


すべて見る


パーマリンク

2018/10/27 (土)

日本の経済成長に否定的な人々

日本は経済が成熟しているし
少子高齢化が進んでいるから
これ以上の経済成長は見込めないとして
経済成長の芽を摘み取るような発想をする人たちが居る

「下り坂を楽しもう」と言った五木寛之氏のような作家もいる
あまりにも老人中心の発想であり
その発想を経済に関連させて文章を書くなど
あまりにも自己中心的な考えであろう

この自己中心的な発想がいろんなところに有って
全体の経済に悪影響を与え経済を死滅させようとしているように
私には思えるのだ


すべて見る


パーマリンク

2018/10/20 (土)

税収を増やすための方法

それは、かんたんな事
景気を良くすることだ
景気を良くするためには
消費を増やしてもらう事に尽きる

国民が消費を増やせば当然ながらそれを狙って投資マインドも上がってくる
すると、当然ながら景気は過熱していくことになる
そうすると、当然ながら法人所得も個人所得も増え
法人税も所得税も増えていくことになる

この状況は、例えるならば
人間の体の血液の循環が良くなることと同じだ

体の末端(地方)の働きも活発になり
末端の筋肉が活発に働くことで
リンパ管(社会福祉)の働きも活発になる
筋肉の収縮作用でリンパ管が機能するのと同じであり
福祉目的で消費税などを上げるという事は矛盾する認識なのだ

因果の流れを見ていない


すべて見る


パーマリンク

2018/10/19 (金)

消費税 大反対

消費税増税反対の意見をいろんな方が言われている
難しい理屈も分からなくはないが
私の意見は
非常に簡単だ


すべて見る


パーマリンク

2018/10/18 (木)

日本の経済問題

消費税増税を仕方がないとして認めている人たちの意見だ
1.財政再建をするには増税しかないのか?
2.増税分を社会保障に使うと何とかなるのか?
3.日本はこれ以上経済成長しないのか?

それぞれに、フラクタルの森での考え方に入れて見よう
正・反・合で真実を探るのだ
画像の説明


すべて見る


パーマリンク

2018/10/17 (水)

曖昧な常識

この温暖化対策は、結局は日本だけが積極的に取り組み
多額の費用負担をしているらしい
日本の貧乏化現象はこんな所にも現れている

世界が当たり前のように思いこんでいる事実を
日本人は頭が良いのか、完全に記憶してしまう人が多いようだ

画像の説明


すべて見る


パーマリンク

2018/10/16 (火)

消費税増税を比喩で考える

増税に渋々賛同する意見に

将来の安心のために財政再建しなければならないという意見と
増税分が社会保障に使われるなら仕方がないという意見が有る

この二つのキーワードの中に間違った認識が有る
少し強引な翻訳かもしれないが人間にたとえると分かりやすいと思うのだ


すべて見る


パーマリンク

2018/10/15 (月)

消費税増税の前に考えるべき事

福祉関係に使われるならやむを得ないだろうとか
財政赤字削減のためには仕方が無いだろうとか
消費税増税について色んな意見が有る

どうも対処療法ばかりで、やればやるほどマイナスの流れを作っているように見える
窯焚きでも、単純に薪さえたくさん放り込めば温度が上がるわけでは無い
薪の量を増やすことで温度を下げることも有る

原点に帰って考えるべきなのだ


すべて見る


パーマリンク

2018/10/13 (土)

最近、UFOが当たり前の如く身近になっている

息子はUFOを良く見るという
最近は、呼べるみたいだとも言う

長女夫婦は、インスピレーションを受けて風景写真を撮ると円盤型のUFOが写っている
結婚前に栗林公園でデート中の写真だそうでラインで送ってきてくれた
画像の説明

大川隆法先生の講演会ではUFOが何機も上空に浮かんでいる
今年も埼玉スーパーアリーナでの講演で出現して友人がラインで送ってきてくれた
7機が編隊を組んで写っていた
一番すごかったのが横浜アリーナ上空の100機ぐらいいたかと思えるような編隊だ(ユーチューブで検索すると出てくる)
その時私もその現場に居た
多くの人が上空を指さして騒いでいたがその時は急いでいて見ることが出来なかった

ゾゾタウンの前澤氏は、月を回ってくるそうだが
そうなると月の裏側には、多くの宇宙人たちの基地がある
アポロ計画も途中で中止された原因は、それも関連しているという
そのタイミングもUFOが現れる頻度が増している理由でもあるのだろう

公然と宇宙人たちが人前に出て来ようとしている
黒船来航ではないが、フラクタル的に言えば同じような時代が始まるようだ

私は、不思議と小さいころから宇宙に興味があり
宇宙人の存在は100%確信していたが、
今となっては、宇宙人であろうが地球の裏に住んでいる人ぐらいの感覚でもある

以前、グレイという宇宙人だったと思われる女性とのご縁も有った
霊的なモノが見える友人二人にその女性を会わせたところ
後でその時にグレイの姿が重なって見えてとても驚いたことを教えてくれた。

そのことを二人から聞いて、なるほど、そのせいなのかと納得したのも不思議だ
変わった個性的な女性で、本人も幽霊が見えたり、円盤も見るという
一度などは、UFOの窓から中がのぞけるくらいの距離で観たこともあるという
それなのになんの感動もなく「見ただけだ」というのだ
好奇心が旺盛で、眼も大きくて、なんとなくグレイの姿とも似ていた
私は、基本的に異邦人的な存在が好きなのでなんの抵抗も無く
次会うときにいろいろと聞き出そうと思っていたのだが、その時が最後になってしまった
すぐに東京に引っ越し結婚し若くして亡くなってしまったのだ

私自身のルーツもどうやら宇宙とつながりが深いようだ
前世をずーとたどっていけば他の惑星人の時代も有るのかもしれない



パーマリンク

2018/10/12 (金)

映画「宇宙の法‐黎明編‐」

倉敷イオンの映画館で今日初めて見させていただいた
途中から涙が止まらなくなってしまった
そして、観終わって私流の陰陽学を再確認することになり
さらに、いろんな気づきが有った

一言で表現することは難しいが
進歩と調和にも悪い進歩と悪い調和も有るという事
地球神の願いがどこに有るのかという事

大川隆法総裁 エル・カンターレ祭大講演会 「愛を広げる力」抜粋版(幕張メッセ)の中で
この宇宙は、神の愛によって創られているといわれ
全ての存在に神の愛が宿っていること
https://www.youtube.com/watch?v=oarOutv_bh0
https://www.youtube.com/watch?v=kInHBa3zDWo
これらの内容とこの映画を見れば大いなる希望が私たちに有ることが分かる

映画「宇宙の法‐黎明編‐」が、米映画祭でアニメ部門最高賞を受賞
https://the-liberty.com/article.php?item_id=14968



パーマリンク

2018/10/11 (木)

与える流れと 与えられる流れ

陰陽の法則、因果の法則を理解していただくために
少し5W2Hというくくりから離れる感じがしますが
次のように見ていただければ分かり易いでしょう

陰の流れ と 陽の流れ
原因となる流れ と 結果となる流れ
この二つの循環で成り立っている


すべて見る


パーマリンク

2018/10/10 (水)

災害を引き寄せる考え方

北海道のブラックアウト、電力供給問題と
岡山倉敷市真備町の水害問題に共通する民意がある
全く同じような人達なのかは分からないが
リベラル傾向、左翼傾向を持つ人達の中に有る考え方だ


すべて見る


パーマリンク

2018/10/8 (月)

結果主義とは、「愛」の不在

下の図の右側を見て欲しい
5W2Hを幸福の科学の教えの
「愛・知・反省・発展」の四正道に置き換えてみると結果主義の本質が明白になる

画像の説明
これは、主なる神が我々人間に願われている内容だ


すべて見る


パーマリンク

2018/10/7 (日)

結果至上主義とは?

結果主義とは、陰陽学的に言えば結果を産み出す原因が軽んじられる事だ

原因(陰)が有って結果(陽)がある
その原因をどう見るかということにかかっている

この因果の流れは、もう少し詳しく言うならば
「 見て → 思って 」(陰)→ 「 行動して → 結果が出る 」(陽)となる

多くが落ち込む落とし穴が陽の部分だけで見てしまうこと
行動の部分、方法論の所だけしか見ない傾向が有るのだ

成果を得るためには種をまかなければならないのに
水や肥料をやりさえすれば果実が実るように錯覚しているに等しいのだ

これが、結果至上主義である


すべて見る


パーマリンク

2018/10/6 (土)

財政規律だけで国家の信用を計る愚かなジャーナリスト

久米宏のラジオ番組を聞いていておどろいた
日本の財政赤字は他国に類を見ない規模のようで
これで、国家が破綻しないのを不思議に思っている人が話をしていた

通貨の価値を支えているのは「信用」で在ると見ているのは正しいのだが
その信用を何で見ようとするかだ


すべて見る


パーマリンク

2018/10/5 (金)

自分とは何か?(ガン細胞の統御)

どのようなことにも、現実には色んな意見がある
そして、それぞれに程度には差が有るが自分の考えが正当だと考えている
みんな自分を主体として考え、その正しさをフィルターとしてあらゆる事を認識する

そこで一番の問題は、「自分」に対する認識の違いだ
「自分」という言葉の中に意味がいっぱいある


すべて見る


パーマリンク

2018/10/4 (木)

株価の上昇、しかし

日本の株価が上がっているという
ただ、最高額だった1989年の額まで1万円も足りていない
しかし、アメリカやドイツの株価は、そのころから見ると8倍に増えているという

この格差の原因は何なのか知らないけれど
明らかに日本の会社の価値評価が低くなっているということだ
同じようにGDPはその間にほとんど増えていない
そして、訪日外国人が増えてきている現状がある
日本が貧しくなったおかげで外国から日本を訪れやすくなったと言うことだ
単純に喜んでいてはいけない


すべて見る


パーマリンク

2018/10/3 (水)

経済の原則と悟り(布施の意味)

この図は、国債やお金が生まれる仕組みを理解するために描いた
しかし、翻訳するとどんな職業、どんな商売にも有る流れだと言うことが分かる
2枚目の図にその基本形が描かれている
この陰陽2つの流れをどのようなことも無視してはいけないのだ

仕事(陰)  が  給与(陽)  を生み    大きな陰(原因)
商品(陰)  が  代金(陽)  を生む    大きな陽(結果)

国債            が  借金         を生み
国債の買い取り(償還)   が  市場の資金(通貨)  を産み出す


すべて見る


パーマリンク

2018/10/2 (火)

ノーベル賞を受賞の本庶氏

ノーベル賞を受賞された本庶氏がインタビューの中で私と同じようなことを言われていた

私は「何が知りたいのか?」という事が重要だという基本姿勢の上で
言葉は違うが、情報を疑う事、うのみにしてはいけないという事
ネイチャーなどの専門誌でも書いてある9割がウソのことが多いとも言われる
何年か後に残っている本物は1割ぐらいだというように認識されている

私の認識の仕方も同じようなものだ
私は、知識の整理箱を無意識ながら何段階にも分けていた


すべて見る


パーマリンク

2018/10/1 (月)

フラクタルの森  (玄明陰陽学

5W2Hは、情報を正しく伝える為だけでなく、正しく物事を認識する為にも重要です。
世界は、全て陰と陽で成り立っているとも言われますが、
5W2Hでの構造は、整理すると世界と思い(陰)と行い(陽)で成り立っています。
その中でも世界観(宗教観)の違いは、同じ事でも人時所が違えば善悪が変わるように、
次のモノに大きな影響を与えるので間違えると大変です。
そして、思い(設計図)が変われば、
行い(具体化)も変わり人生も変わり、社会も変わっていくことを知っておく必要がある。
結果を求める行いの背景には必ず思いがあり、前提となっている世界が有る。
思いとは設計図でもあり、この思いが無ければ何事も始まりません。
画像の説明


すべて見る


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional