陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2024-05-15

Top / FrontPage / 2024-05-15

電波、霊波、波動、そして情報 、エネルギー

私たちの周囲には様々な電波が存在していることを否定する人は居ない
電波というテレビやラジオ、携帯電話などで拾えるものだけでなく、霊的なモノも含めた情報の波で覆われている。


これらは、仏教で「色即是空 空即是色」と言われているの事と同じである。空=色であるということ。空っぽに感じる目に見えないものと、目に見え認識できることとはイコールであるということ。
これは、E=mc²という相対性理論と同じで、目に見えにくいエネルギー(E)と物質(m)は同じだということ。
しかも光速の二乗倍ものエネルギーを内在しているという。
私には理解できないけれど、原水爆の威力がそれを証明している。

電波は情報でありエネルギーでもあり、電波の波を通して伝わってくる情報の中にどれだけのエネルギーが有るのか想像できないけれど、その波を利用して色んな仕事が成されている。

ただ、電波はそれだけしかないのだろうか。装置を使って目に見える形にはできなくても、それ以外に感覚的にではあるが、別の波が存在していることを感じさせてくれるものがある。気のせいとして片付けられることが多いけれど、ムシの知らせとか、もしくは啓示とかインスピレーションとか言われるようなものも有る。

おそらく、私たちの周囲を覆っている空間には、認識し理解できるような電波だけでなく、想像を遥かに超えた霊波が存在するのだと思う。
もうすでに電波という範ちゅうには修まらない波動の中で生かされているのだろうと思う。
この空なる目に見えないものを知らなければ、これ以降、まともな人生を送ることはできないのではないだろうか。
最近、その思いが強くなってきている。

色んな装置を使わなくても、私たち自身が、携帯電話のようなパソコンのような機能を持っていると考えるべきだということ。電波などは、テレビやラジオやスマートホンで拾えるけれど、それらでは拾えない波もある可能性が有る。
以前にも書いたけれど、昔、ラジオが無くてもそれを受信できる人の話を聞いたことが有る。
私たちに体というか、魂の中に携帯電話のような送・受信装置が備わっているのではないかと思う。
意識しようが無意識であろうが、それらの情報とやり取りしながら生きているのが私たちではないだろうか。

そう考えると、途方もない真実が目の前に開けてくることを皆さんは感じないだろうか。
私たちの持っている能力には、とてつもない力が備わっているということを。霊波の発信基地であると同時に受信装置であるということ。
学んだことだけでなく、インスピレーションで受け取った情報で、色んなことが現実化され大きな力を発揮する。そのインスピレーションを受け取るためには、基礎的な学びも不可欠であり、同じような波動の中で同期するということ。自らが似た波動を発信しなければ、それにある波動を拾うことが出来ないということ。
細かなことは分からないが、携帯電話でも特定の人と情報を交そうとしても、それなりの条件があってのはずだ。

この世界には大きく分けて三つの大きな波(霊波)があるだろう。
基本中の基本は、創造主から発せられている宇宙創造の霊波である。
そこには法則があり、天体宇宙の運航だけでなく、全てを存在たらしめ継続させる法則の波がある。その波の基本理念は、「進歩せよ、されど調和せよ」ということだと信じている。これは、幸福の科学で学んだことであり、私の陰陽学の基本でもある。
ただ、そのバランスが崩れることが有る。
調和をないがしろにして進歩ばかりを重視しておれば争いばかりが起こり、また、その逆でも不都合な事が起きる。

その根源なる波の中で全ては存在し、それぞれが自由に独自の波動を発信して、個性ある力を結集して素晴らしい世界を創造しようとして、この宇宙、この地球、この社会を創っている。
しかし、自由の反面、偏った波動ばかりを出していると偏った現実(色)が現れる。

同じく幸福の科学で学んだものに「波長導通の法則」というのが在る。
悪霊や悪魔に通じたり、天使や神仏に通じるには、やはり同じ似たような波動を発信しているということだ。

悪魔や天使などまやかしだと思って居る人は、そのような波動を出してそのような波動を拾っている。
今という世界は、信仰心があると言っているような人であっても、その両面を見ることなくバランスを崩している人たちが増え、マイナスの波動と同調する人たちが増えているということだ。

それが、グローバリストたち、DSであり、利己主義的な人達である。
ハッキリ言うならば、悪霊、悪魔が発信している霊波を拾い、その波を増幅している人たちであるということ。その勢力が増えているということ。

世界で善悪の逆転現象が起きて、政治家を選ぶのにも悪なる指導者に票を投じる人たちが増えている。プーチンやトランプを否定的に見る目の中にマイナス方向に向けるような波動の影響がある。
NHKなどの大手メディアの報道を見ていてもそうだけれど、消費税という悪魔の徴収方法を取り入れた時点で、それに加担した人たちがどちらの波を拾っているのかが見える。
そこまで大きな例でなくても、今、強盗や殺人などの犯罪が増えているが、これらもマイナスの波を拾い利己主義的な判断で行われていることが見て取れるだろう。

結局は、創造主の大きな波の中でその理想から逸脱するような波となったモノたちは、次第に剥離するしかない。自由を行使して創造主である神と離反して自らが神になろうとする者たちは、その大きな波から剥がれ落ちるしかない。
その空なる状況が、現象として色として現れる現象が天変地異であったりするのだろう。その事象が、今、盛んに現れ、そろそろクライマックスに近づいているようだ。



コメント


認証コード(2320)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼