陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2021-03-06

Top / FrontPage / 2021-03-06

無神論の脅威

画像の説明

左側は無神論、唯物論
こちらは、全体主義の方向に向かう
創造主も神もみとめない
故に、自分が神になる
自分の正しさが主となる


ここでの評価は、強さであり
厳しさでもある
お金の力
科学の力
軍事の力
力の差が全て

それに比べて
右側は優しい
だが、主体が曖昧となりやすく
その為に弱さにつながりやすい

画像の説明

しかし、心が神と一体となった時に
その時の強さは特別だ

全存在は、神の子である以上
創造主と同じような創造の力を有するけれど
当然ながら、無神論では限度があるだろう

しかし、創造主と
その思いが一体となった時
その悟りの力は偉大な力となる

そのフォースの力は無神論の比ではない

多くの人の悟りの深まりが力となる故に
伝道が進まなければ
無神論、唯物論国家の餌食となるしかない



コメント


認証コード(8461)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼