陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2021-01-08

Top / FrontPage / 2021-01-08

アメリカ大統領選挙

最後にくつがえすことは可能な手段は様々有った
しかし、ことごとく失敗に終わり
最後には、戒厳令という軍事オプションソしか残っていないという

最終的にこれもトランプは踏み切る事なくバイデンが大統領になるようだ

大川隆法総裁は、これらの事は織り込み済みで見ておられた様だ
昨日の講演で、そうでありながらも楽観的な視点を話された
この講演の内容は、コロナに対する内容等もあり聞いておく価値が非常に高い

こちらのサイトで一部が紹介されている

https://the-liberty.com/article/17965/


大分前からの宇宙存在たちの霊言から予測はできていたが
個人感情としては、何とかトランプの政権が継続することを望んでいた

しかし、ある意味、この様な混乱は
人々の心が神の意識と遠く離れている現状では仕方がないのかもしれない

間違った方向に進むのなら
思った通りにやってみれば良い
その結果をそれぞれがどのように受け取り、何が間違っており
何をどうしなければならなかったのか
本当の意味で理解しない限り
理想的な未来を引き寄せる事はできない

親が子供の失敗に対して先回りして手を差し伸べる事は、
子供の為にならないと判断する様なもののようだ

アメリカも日本もヨーロッパも
世界中がこの世とあの世の真実を知らず
自己中心に物事を考えているようなら
もし、それを継続するならどのような結論を引き寄せる事になるか
思い知る必要もあるのだろう

アメリカ大統領選挙の結果、昔、ある予言者から聞いた事態も
そう遠くないところで起きる可能性が見えてくる
日本が中国の侵略を具体的に受けるようになったり
富士山の一部が噴火したりする事もあるのだろう

菅総理が、伊勢神宮への参拝をやめたら
むかし、村山首相が信仰心が無いせいで参拝を取りやめた直後
阪神淡路大震災が起こり
慌てて閣僚を引き連れて参拝したような事もあった
似たような事が起きる可能性は有る

今、日本に世界的救世主が現れて
天照様以上の存在が直接、話をされている

皇居でもコロナ禍に対する祈願はされていないようだが
大川隆法総裁は、講演の最後を締めくくる形で
コロナ撃退の祈願というか祈念をしてくださった

このような事は初めてであり
感動と共にその祈念を受けさせていただいた

講演の中でコロナに対する有効な食べ物の教示も有った
この信仰免疫とも関わる祈願の有効性は、
昔、念力とかの裏側修行をしていて、
今考えれば奇跡的なことを体験していた私として
この御講演は、とても有り難い

コロナが心配な人は、幸福の科学の支部や精舎で拝聴可能なので
ぜひお勧めします
会員になっていなくても拝聴できます

ただ、拝聴の効果の程は、信仰心のレベルと連動するので
保証の限りではない

思い返してみるに、昔、念力や透視力をやっていた時
自己催眠もやっていたが
そのことを信じる気持がどれほどで有るのかに関わってくる

裏側修行を全く今はしていないので
今、やれと言われてもチャンネルを合わす事ができないし
やる気持ちも全く無い

ただ、この私の信仰心も
大川隆法総裁を宇宙レベルの救世主として確信していても
それでも完璧では無いようだ

自分の心の中を見ても隙は有る
その隙を埋めるべく様々な仏道修行を進めていく必要が有る

仏の願いや思いにチャンネルを合わせる事の難しさは身に染みている
私たちの思いが神仏と一体になる度合いに応じて奇跡は起きるようだ



コメント


認証コード(5915)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼