陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-10-08

Top / FrontPage / 2020-10-08

アメリカ大統領選挙

結果を分ける重要な最高裁判事の承認問題について
及川幸久氏のユーチューブ
https://www.youtube.com/watch?v=gnggwcMg3Q8


この中でエイミー・バレット判事の言葉が紹介されている
『「彼女は人を深く愛した」と言われる人物でありたい』
これは、彼女が、信仰の深い人だという事が判るエピソード
彼女は、カソリックだという

キリスト教もプロテスタントやカソリックが有り
他にも様々な宗教に分かれている
私は、クリスチャンではないし、なったことも無かった
20代の後半、砥部焼の工房の家族に誘われて教会でミサに参加したことが有る
その時のプロテスタントの牧師の話などに対して
心の中から湧き上がってくる声が聞こえたことが有る
「あなた達こそ、イエスを冒とくしている」

しかし、その後、賛美歌を一緒に歌うと
何故か、涙が吹き出してくるのだ

今現在は、なぜそんなことが起きたのか分かるけれど
その頃は、深く考えることは出来なかった

ただ、以前に聖書は読んで感動したことが背景には有った
何度も繰り返して読むことは無かったが
エイミー・バレット判事のこの言葉を聞いて思い出したのだ
あなたは、聖書から何を学びましたかと聞かれたならばなんと答えるか

数か所の言葉が浮かんでくるが
最大の言葉が有る
「汝の敵をも愛せよ」

どこに有った言葉か分からないけれど
この個所を読んだときに嗚咽が上がってくるほどに泣いた

なぜ、そんなに感動したのか原因は分からないが
どうやら、前世で教えを聞いていたことが有るようだし
ゴルゴだの丘での出来事を見ていたとしか思えないことがある

このイエスの愛の教えは
まさに救世主の言葉だ

『「彼女は人を深く愛した」と言われる人物でありたい』
このエイミー・バレット判事の言葉の中にも
おそらく汝の敵をも愛せよという言葉の精神は込められているのだろう

ただ、この愛は
民主党やリベラル傾向を持つ人たちのような上っ面の愛ではない
奪う愛にもなってしまう
評価や見返りを見越してするような愛ではない

大川隆法総裁の教えの「与える愛」であり
「生かす愛」を含んだ厳しい愛であり
「許す愛」を含んでいる

この教えは、霊存在であるエル・カンターレが
イエスを天上界からインスピレーションを降ろし指導されておられたことの証明でもある
そう思うのは、私だけでは無いだろう

民主党を悪魔の勢力とまでは思いたくないが
中国を含めて
この「愛」の問題を理解してもらいたいものだ

トランプ、頑張れ!



コメント


認証コード(7099)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼