陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-09-16

Top / FrontPage / 2020-09-16

13日の記事

いつも見てくださっている方は
いきなり13日の記事が消されていることを不思議に思うだろう

ただ、14日に書いたこととも関連するが
問題が解決したという事だ


契約に関して色んなトラブルが起きるが
このようなことは、企業間だけに限らず
国の法律との関係でも起きる

NHKとの契約というか法律で決められているからと言って正しいわけではない
立憲民主党と言う政党も有るが
憲法が完璧なモノでは無く
同じように法律がすべて正しい訳でも無い
時代錯誤も甚だしいモノもある

その法律を杓子定規に当てはめて相手を追い込む方法は有る
中国共産党のように自分たちの価値観を押し付けて
自分たちの思っている方向へ強引に持っていこうとするような人たちも居る

社会通念を越えて言葉を武器に
法律を武器にして言いくるめようとする働きはいたる所に有る

今の現状は、そのような歪んだ状況に有るのが現状なのだろう

ただ、今回の事で相手企業だけを責める気持ちは無い
どんな企業でも個人も抱えている闇だと思っている

機会が有れば東京に行ったときに
相手の会社を訪ねたいという気持ちも有る
その時の状況にもよるが
再度、契約するという事態もあり得るだろう

今回、トラブったことで
一歩踏み込んだ話から始める事が出来る可能性が有るからだ

世間は、左脳的な考えを中心にし過ぎている
もちろん右脳的な考えだけを中心にしても問題が有るが
両目で見て両方の頭を使って考える必要が有る

左脳的な考えも大事だが    Hの世界(how to how much)
右脳的な判断が重要だと強く思う  Wの世界 (what why)

法律や規則など左脳を中心にするしかないのだろうが
右脳的なモノも同時に見て行かなければ
世界は狂ってくる

そして、さらに重要なのが
フラクタルの森のピラミッドの中心、頂上に良いする要素だ
Whene、where、Who
時間空間人間に対する理解だ
これが間違っていると全てが狂いかねないのだ

信仰心が問われている



コメント


認証コード(3724)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼