陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-09-02

Top / FrontPage / 2020-09-02

奇跡体験

今、岡山のイオン倉敷のムービックス倉敷で映画が上映されている
ドキュメンタリー映画『奇跡との出会い。』

https://www.youtube.com/watch?v=Y_wsFgBgegU&feature=emb_rel_end


今まで私の周りでも色んな奇跡を見せていただいている

幸福の科学が出来る前から、幸福の科学にご縁が出来る以前から
目に見えない世界で活動している存在達が居る事を実感して来た
その中には、逆の存在達も居る事は
入会して学び始めてから理解は出来た

しかし、神なる存在
天使たちの存在があり時折折にインスピレーションを与えられ
私自身の運も良い方向に導かれて来たことは
振り返れば様々有る

身近な法友たちの中にも奇跡体験者は多数いる

この映画で有るような死者がよみがえるような奇跡は特別だが
ガンが消えた話は限りが無い
ある一人の会員さんは、今まで映画を見に来られるのにも両手に杖を持ち
ゆっくりしか歩けない状態が長く続いていたのに(耳も悪くなっていたようで補聴器ではなくヘッドホーンを付けてもおられた)
この間、映画館で見かけると私以上のスピードでスタスタと歩いている姿を目にしたのだ
それまで具合が悪くなった状態の時に話をしていなかったので
細かく聞くことは出来なかったが、びっくりしたのはいうまでも無い

この映画の中でトクマさんが歌っている歌詞(大川隆法作詞作曲)の中に奇跡の起きる理由と起きない理由が歌われている

時折々に書いている私の詩だが
神の願いがこの地上には満ち満ちている
その願いを実現する為に奇跡は有るのだろうが
目には見えない日常の中にも奇跡は有る

「信仰」

神々の願いありて 世界あり
人々の願いありて 祈りあり

その願い重なり
その祈りが天につながる時に奇跡も起こり
信仰は完成を見るのだろうか



コメント


認証コード(5781)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼