陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-03-22

Top / FrontPage / 2020-03-22

国のデザインをし直す

政治経済は、色んな事象に左右されるだけで無く
政治経済の力、その質と量とスピードが様々なものに影響を与えていく

もちろん、その政治経済を決めていくのは国民の心です


この心の成長は、道徳的宗教的教育とその精進する姿勢が不可欠だ
当然、この部分と政治経済は表裏一体である
この循環を良くするためには両面からの取り組みが必要だ

正しい宗教が不可欠であるのと
国家のデザインという面からも取り組む必要がある

以前、国家のデザインという面から講演されたのがある
幸福実現党が立党するよりずっと前の講演ではあるが
色んな省庁の廃止が語られている
要約すると大きな政府でなく小さな政府へと向う方向だ

国民が政府に依存しすぎるところで多くの無駄が生まれる
そして、様々な既得権益が生まれ政治的コストが膨れ上がるだけでなく
してはいけない、行きすぎたサービスで国民を駄目にしていく
こちらの方が問題だろう

人の心に本質的な力が残っているなら
どのような逆境が来ても切り抜ける事が出来る

宗教教育と憲法改正とが
未来の国家デザインを決めて行く
そして、世界へ影響を与えて行く
政治経済を支えているのが
思想宗教だという事を肝に銘じる必要がある

思想宗教に中国や北朝鮮のような無神論、唯物論を入れると
彼の国のようになるという事だ
日本の今の政治は、そのような中国に忖度している

良い方向に向かうわけもない

大きな政府の典型は中国の体制なのだ



コメント


認証コード(7383)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼