陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2020-03-03

Top / FrontPage / 2020-03-03

コロナウイルス渦をフラクタルの森で考える

フラクタルの森で考えるとは
論理的に深く考えることでもある

画像の説明

結果から見ていく    理性
現況に至る過程を見る  知性

これらの部分は、表面に浮かび上がっており
普通に思考停止することが無ければ見えてくる部分である


中国から始まり
色んな対応の不備が日本にまで広がり
GDPの消費税増税で落ち込みに加え
今後、経済的破綻へとつながっていくことが予測される

そして、さらに、目に見えにくい部分を見ていくのだが
その発生源の中国のマインドを見る必要が有る

しかし、この部分は証明することは出来ないけれど
明らかに結果を引き起こすに十分な思いが背景に有る
あえてここに書くのは控えるけれど
この書籍の中で詳しく述べられている事である 
「中国発・新型コロナウィルス感染 霊査」
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2320

そして、そのもっと深い所まで見ていく必要が有る

世界観である
ここが根本原因であり
日本や世界に広がりを許していることの原因でも有る

左側の世界観(神仏も無く死んだら終わりの世界観)と
右側の世界観(神さまがおられ神の子として永遠の世界に生きているという世界観
どちらがどのような結果を引き寄せるか考えて欲しい

運の良し悪しに関連する所だ



コメント


認証コード(4488)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼