陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2019-09-12

Top / FrontPage / 2019-09-12

人間は、神の子、仏の子である

人の持っている徳性に
悟性・感性・知性・理性があると言われている
その中で悟性と言うことが難しい

この私のフラクタルの森では
この4つと血液型とを関連づけている

そして、この4種類の分類が陰陽の2つから生まれ
無限大マークのように関係し循環しているというのが
フラクタルの森


O型が、悟性
B型が、感性
A型が、知性
AB型が理性

それらの意味するところは、O型の悟性とは何かを考えれば分かってくる

血液型の分類方法を見れば面白いのだが
この分類は、ある2つの試薬に対しての反応があるかないかで決まるという
O型は、どちらにも反応しない
B型は、Bの試薬に反応し
A型はAの試薬に反応し、AB型は、両方に反応する

その細かな意味は知らないが、
O型は、反応するものが何も無い
何も無いが、そこには、元々の基本的なモノが有ると言うことで
人が、元々持っている徳性を知ることが出来る

O型の人は、悟性ではあるが特に悟っているという訳ではない
しかし、O型の人の特性を見れば、何かが分かる

O型の人達の特徴は、一言で言うならば
「お役に立ちたい」という思いが強いことだ
これは、神仏の子である人間が神の特性を受け継いでいる面を的確に顕している
それは、神の「愛」だ
この宇宙の存在の全てが何によって創られているかという教えにも有るが
全ては、神の愛の思いによって創られている

その基本をO型の人は体現してくれている
そして、B型は、その性質を「感性」というフィルターを通して表現しようとし
A型は、「知性」というフィルターを通して表現しようとしている
AB型は、その両方のフィルターを通してお役に立とうとしている
そうやって神の愛を表現しようとしているようなのだ

もちろん血液型だけで決まるわけでも無く
星座の4つの分類の中にも影響されるものがあるようだ

この4つの分類は、私が独断と偏見でしているモノですが
陰と陽というような大きな分類をすると2つに分かれることの不思議を感じて玄明陰陽学としています
左脳的なモノと右脳的なモノに分かれるのです
表と裏が有って神が存在しているようなモノです

OとBは、右脳的なモノ
AとABは、左脳的なモノ

共に協力しながら、神の愛の思いを体現しつつ
より素晴らしいモノを創り出そうとしている

神と神の子達が一体となって創り出そうとしている

なぜ、それが必要であり
なぜ、それが意義有るモノであるのか分からないけれど

それが、神の子としての本質であり
そのように創られている魂の持っている使命なのでしょう

その使命に反することをすると苦しくなるのでしょう
経済という中にも同じであり
その仕事の中に愛が無くなっていくと苦しくなって
マイナススパイラルを起こして経済も破綻して地獄界を造っていく

そのような魂達は、その神の愛の思いで創られている宇宙で生きていくことが出来ず
地獄という世界で生きなくてはならなくなるのかも知れません

神仏の存在を意識することが出来なければ
その愛の方向に狂いが生じてくることになります

愛が失われた政治や経済の地獄的な反動で
元々埋め込まれている「お役に立ちたい」という「愛」の思いが
神の意識を離れた人間の為にと言う閉鎖された世界に向かうことです
愛の思いが分かり易い所にばかり向かうのです

全体を見て感じることなく、部分にばかり目が行ってしまう現象が出てきます

考え方が「優しく」なるのです
その分かりやすい優しさを主にして思想を造るので左翼的になります
恵まれない者達や弱者に対する優しさになります
小さな「自己」を中心として考えるために蛇行し始めるのです
富めるモノ、権力を持っているモノに対する嫉妬も生まれ
革命を起こそうとしたりします

神の愛の思いの中には優しさと厳しさが有ることを忘れているために
優しすぎたり厳しすぎたりして
左翼勢力は、自分の正しさを元に厳しさを外面に出していきます

暴力に訴えかけても自分の優しさから出る正しさから
厳しさを表現しようとして暴走し蛇行するのです
(原発問題でも個人レベルで見れば即廃止ですが、国レベル、地球レベル、神レベルで考えるならば違った判断も出てきます)

要するに、神を忘れているために起きる現象なのです
信仰を持っている人達でも
神の偉大さを忘れて自分たちの宗教ばかりを見るせいで他宗を攻撃します
神を偉大なモノでなく、自分たちだけの小さなモノにしているのです
自分という枠から出られなくなっている

要するに、どれほど頭脳明晰であり、優秀と見えていても
魂的に観れば未熟な状態だと言うことのようです
そのような人達も本当は神仏の子供で有るので
共に助け合いながら成長して欲しいと願われているのが地球神なのでしょう

地球における創造主の願いなのでしょう
私は、そのように理解し信じています



コメント


認証コード(7195)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼