陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2019-08-23

Top / FrontPage / 2019-08-23

韓国の本音

韓国が日韓軍事協定を破棄するという

もう一つ、以前、文在寅(ムンジェイン)大統領の南北が経済協力すれば
日本にも対抗できるようになるだろうとして
南北融和を図ろうとする発言も有った

南北が一緒になれば経済的に疲弊するのは
ドイツの東西統一の時を観ても明白なのに
その発言に対して多くの批判が有ったのだが

この先の発言だけを観ても本音が見える事だ


北の軍事力、中でも核戦力を背景に持つことで
日本に対する優位は確定的となる
心の中では、そのことが有っての発言であるのだろう

それが、今回の決定でさらにハッキリした
日本は、いつまでも、お人好しであってはいけないという事

徴用工問題にしても
慰安婦問題にしても
現実として存在しているのだけれど
事実を集め、真実を見ようとすれば
その内容は、昔、売春婦が居て高給を稼いでいたということ
戦時中、国家総動員法により
日本人も当時日本人だった朝鮮人も過酷な環境に有ったという事

そうなのに、戦後賠償権協定か何か知らないが
解決済みだというようなことで逃げていてはいけない

本質的な部分で理解説得できなければ
自分の都合で被害者意識を利用して政治の道具に使ってくる者に対して対抗できないだけでなく
国内の、悪魔のそそのかしを受けているような左翼思想
良識ある市民であるかの如くふるまう人々にまで使われ
政府の手足を縛ろうとしている

真実を浮かび上がらせて、毅然とした態度で臨むべきなのだ

今の日本の強みは経済力だけだが
それも悪魔のそそのかしによって増税などで次第に弱められつつある

ハルマゲドンという言葉が有るように
悪魔と天使軍団との闘いは、現実に有り、様々な人の心の中から始まり
広げられている

この広がりを阻止することが出来なければ
聖書に予言されているような最終戦争にまで発展するだろう

両目で見て第3の視点を獲得し
額に有ると言われるチャクラ
仏典に有る(三法印・・・諸行無常・諸法無我・涅槃寂静)
涅槃寂静の境地での解決が必要だ

今、日本国内に救世主が居る
天使軍団の長だ
悪魔にとって日本が復活してもらっては困るのだ

救世主の長男にも悪魔の力が入り暴れている
メディアにも政治家にも経済界にもあらゆるところに入っている
次のような3点測量していれば
どこでどのような悪魔の働きが有るのか見えてくるだろう

正しいと思いこんでいる
自分の中で悪魔が増殖している可能性を知っておくべきだ


悪魔が見えてくる

画像の説明

画像の説明

比喩で言うなら
①は、右目    陽の視点
②は、左目    陰の視点
③は、神仏の子としての視点

①の片目でばかり見ている人が増えるなら
悪魔は、この現象世界の中で活発に活動するようになる

時間、縦軸での見方  ①現在 ②過去    ③未来
空間・横軸での見方  ①自  ②他     ③全体   
4次元的霊的見方    ①現実 ②事実    ③真実 
4次元的人間的見方   ①悪い子②普通の子  ③良い子
善悪の判断主体    ①自己中②集団として ③神仏の子として

政府の資金調達法   ①税金 ②借金    ③造る
軍事力        ①攻撃力②守備力   ③精神力 
経済力        ①利潤 ②社会貢献  ③ユートピア
    
①レベルだけで考えているならば、ある意味、普通の子

しかし、このレベルがもっと強くなると
悪魔のそそのかしを簡単に受けてしまうようになる

①だけの片目で見ていると悪魔の思うつぼです
最低でも①と②の両目で見るべきです

しっかりと両目を開けていると③の視点が見えてきます
神の視点が見えてきます

そのためにも神なる存在を信じるべきであり
死んでも終わりでなく霊的世界が有ること
人間の本質は魂でありその向上の為に生きているのであり
みんな神仏の子であることを信じるべきです

そうすれば、すべからく、自らの内に、神仏の子としての良心が有り
その良心に基づいて生きる人が増えるなら
プラススパイラルの流れが生まれてくる



コメント


認証コード(2483)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼