陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2019-08-14

Top / FrontPage / 2019-08-14

フラクタルの森

「神は、自らに似せて人間を創られた」という言葉が有り
その延長線上にこの図はあります

さらに、東洋だけでなく世界中には
「宇宙は、全て、陰と陽の要素で成り立っている」
という意味の言葉が残されています

そして、現代科学の粋を集めたAI(人口知能)であっても
その原理はゼロイチの二進法です
我々の周囲の複雑な物事でも究極まで突き詰めれば二進法です
実際の判断と行動も二進法で前に進めています

フラクタルとは、CGなどの製作に使われているコンピューター用語であり
部分と全体は、自己相似形を成すという意味でもあります

これらが重なって
フラクタルの森」(玄明陰陽学)は、出来ています

それを一枚の図にすれば、次のようになります

このフラクタルの森で何を言いたいかというと
一言で言ってしまうならば
「額に有ると言われているチャクラで考えませんか」という提案です

考える主体が変われば結論は違ってくるし
世界の観方によっても違ってきます

目の前に展開される現実の世界を見ながら
より素晴らしい存在になってほしいという
神の願いが込められているのだと思います

画像の説明


画像の説明

画像の説明

5w2h

世界には、次の4つの世界観が有ります

無宗教・一神教・多神教・至高神

日本では、戦後の後遺症も有り
共産主義が世界を覆う中で日教組などの力で
無宗教の唯物論が入り込み
宗教を否定的に扱うようになりました

そして、創価学会とかオウム教などのような自己中心教が流行ることで
宗教の信用は失われたために
自分で、無宗教、無神論ですという人が増えましたが
本来、多神教なのです

本来、武士道の中に仏教や道教、儒教、神道という精神性が入っっていたことで
とても信仰心の篤い国民です
その精神が、まだ残っているために日本人が世界から信用が有るのです

しかし、無宗教、無神論を本当に信じ込んでしまうなら
考える主体が、同じ利害を共有する自分たちです

この恐ろしさを、中国共産党や北朝鮮の現状から学ぶべきです

画像の説明

私の世界観では、
この世とあの世とが二重らせんのようになっていると考えます

「幸福の科学」は、基本が多神教ですが
多くの神々にも役目の違いあり、認識の差があり
ピラミッドのような構造になっていて
より高次なものに心を合わせるべきだとして
至高神を求めるような世界観です



コメント


認証コード(7906)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼