陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2019-07-09

Top / FrontPage / 2019-07-09

日本政治の闇

まず現実を認識し
事実を探求し
その背景になっているモノを探し
真実はどうあるべきかを求めていく必要が有る

現実と事実
・政府の赤字(収入と支出の差)が、膨らんでいる
・社会保障費(主に年金)が、膨らんでいる
・税収は、何とか維持し過去最高(株主配当の所得税による)
・GDP(経済成長)が横ばいで増えていない
・外国のGDPは何倍にも増えている
・海外の実質賃金(所得)の上昇
・国民の実質賃金(所得)の下落
・海外からの観光客の増加(海外との所得格差の増大)
・官僚の賃金(所得)は増えている
・企業の内部留保(貯蓄)の増大


これらのことを因果関係などから推察すると見えてくる

株式を上場しているような企業や官僚の所得が増え
一般庶民の所得は減っている事実からは
グローバル企業や税金から収入を得ている人達にとって
好都合な体制が造られている事が見えてくる

税金から所得を得たり
外国で利益を得ようとする人達にとっては好都合なのだろう
その反面、庶民の生活が犠牲になっている

その格差を埋めるためと
選挙でのバラマキと絡んで
社会保障を充実させようとする働きも有る
そのせいで赤字が膨らみ、更なる増税である

その増税分を負担させられるのが
総愚民化されている庶民からであり
選挙にあまり関心のない若者達である
そのツケを回されている事を隠すために更なるバラマキがある

こうやってマイナススパイラルの流れが起きている
これをプラススパイラルに持っていくためには何が必要なのかである



コメント


認証コード(4487)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼