陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2019-07-06

Top / FrontPage / 2019-07-06

投票前に自覚すべきこと

日本の国民は、圧倒的に貧しくなっていることを知る必要がある
その証拠は、身近に見ることが出来る
訪日外国人が増えていることだ


海外の方が観光で日本に来てもらう事は
確かに喜ぶべきであり
自民党の安倍さんもそのことを街宣で自慢げに言っていた

しかし、陰陽両面で観るべきなのだ

日本の魅力が急に増したわけでもない
海外の人たちが相対的に裕福になっているだけのことだ
GDPはアメリカでさえ日本が停滞している間に2.5倍に増えている
アメリカ人の所得も2.5倍に増えているという事

相対的に日本人の所得が減り貧しくなっているということ
国民の実質賃金は減っていて
2%のインフレターゲットも達成できないほど物価は低いままだ

海外の普通に裕福になった人達にとっては
魅力ある日本へ気楽に観光旅行に来やすくなっている

日本国民は、貧しくなっているのに
政府の借金は、1100兆円を超え増大する一方なのは、なぜだろう
インバウンドを増やすためにどれだけ使われたのか私は知らないが
それにしても日本のGDPは低迷したままである
海外からの観光収入が増えていてもGDPはほとんど増えていない
結局は国民が豊かになるために使われていないという事だろう

一時は、アメリカを追い抜いて世界一の経済大国になろうとしていた日本が
今や中国にも抜かれて世界第3位の経済大国へと落ちて行った
過去に蓄積した資産がまだ有るからだろうが
果たして、どこまで保つことか

くどいようだが、
借金を増やしても収益を上げられなくなっているという事実がある

ハンドル操作を間違えアクセルとブレーキまでも間違え
カーレースで言うならば最後尾まで落ちていることになるのだろう

結局は、世界のおこぼれで生活しなければならないような
そんな、情けない国家になろうとしている

このまま、貧しい国の仲間に入っていくべきなのか
貧しさでは、福祉も社会保障も手厚くすることは出来なくなっていく
MMTで財政出動してもハンドル操作を間違えていては元も子も無くなる



コメント


認証コード(6529)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼