陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2019-06-04

Top / FrontPage / 2019-06-04

高級官僚たちの心の闇

高級官僚がらみの事件が相次いでいるようだ
これは、消費税増税に絡む
財務官僚の病巣とも関連しているように見える

彼らがどのような世界観を持っているのか
私は興味がある

色んな意見が有り相対しながら争う形があるけれど
おおつかみで観るならば
その背景にはそれぞれの世界観が背景には有るからだ

小さな世界観で生きていると蛇行しやすい
ゆとりの無い世界観だと
どうしても集中と拡散を繰り返してしまうのだ


常に複眼で見たり
当て舵と言っても良いのだが
蛇行しないようにアクセルとブレーキをうまく使いながら
ハンドルを切る必要があるのに
頭脳明晰で優秀な人たちは、その内容を検証する姿勢が足りない為に
自分たちがやってきたことを疑う事をしないようだ

優秀故に無知の知と言ってもいいような自分の認識を客観視することが出来なくなっている

結局は、行くところまで行って
初めて自分のやってきたことの本質を知ることになるのだが
その時になっても、まだ
環境や相手のせいにして自分を納得させようとしているようにも見える

地獄に落ちても
まだ、自分の正当性を主張しそうなのだ

悪魔の支配を受けたまま、この世を去ることの
その恐ろしさを知る必要があるのだが・・・・



コメント


認証コード(9539)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼