陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2019-06-01

Top / FrontPage / 2019-06-01

宇宙時代の幕開け

画像の説明

画像の説明

この二つの写真は、岡山の笠岡市と井原市の友人が撮ったもので
ラインで送ってもらいました
2018年7月4日の朝と夜に撮られたものです

この日は、大川隆法先生の講演会が埼玉スーパーアリーナで行われた日でした


朝の写真は、
岡山の井原市の友人が
千葉にある幸福の科学の千葉正心館を講演会に参加する前に訪れていて
その礼拝室の隣の部屋から撮ったそうです

夜の写真は、同じく岡山の笠岡市の友人が撮ったもので
講演会が終わり外に出て上空を見上げたら
曇り空だったそうですが多数のUFOが上空に居たそうです

その時の大川隆法総裁の語られた内容が
書籍「青銅の法」(幸福の科学出版)
第4章「宇宙時代の幕開け」の中に有り
なぜ、宇宙人たちが地球に来るのか説明してあります
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2114

さらに、数年前、私も参加していましたが
横浜アリーナでの講演会でも上空にUFOの大編隊が浮かんでいました
https://www.youtube.com/watch?v=aJV9JP2h1Vw

その時、私は、上空を見上げることなく
急いでいたのと、いつもの奇跡の雲とか日輪とかそんなものだろうと思い
指をさして騒いでいる大勢の人を見ただけで帰宅を急ぎました

次のサイトの写真は、プロの写真家でもある大滝さんが撮ったもので
その時の説法内容も書いてありますので、見てください
https://blogs.yahoo.co.jp/terapionte/13279339.html?__ysp=eW9rb2hhbWFhcmktbmEganlvdWt1dQ%3D%3D

私自身で目撃したのは、そうかもしれないというレベルの目撃ですが
うちの息子はよく見るようで、どうも、呼べるみたいだとも言っています。
息子が里帰りしている時に、夜に我が家の上空を星がいっぱい輝いている中を横切る光が有り
息子が「あれ、UFOじゃないか?」というので
私は、人工衛星だろうと言って見ていると急に消えたので、
まさしくUFOだったのでしょう

娘夫婦も以前、昼間に円盤型UFOの写真を撮っていたり
私の周辺でUFOは当たり前の状況になっています
最近、アブダクションされて何か体に埋め込まれたようだという
陶芸家の方ともご縁が有りました

宇宙人たちも大川隆法総裁の教えを学びに来ていると同時に
私たち地球人の閉鎖的な心に一定の刺激を与えるために姿を見せてくれているようです

宇宙と霊界は密接な関係にあり、
昔、エジソンが霊界通信機を造ろうとしていたように
霊界科学の発達が無ければ何万光年も離れた宇宙からの来訪は不可能なようです

「青銅の法」「不滅の法」この書籍を読まれると詳しいことが分かります

これらのことを観ても、幸福の科学の教えが
尋常な教えでないことが理解していただけるのではないでしょうか

その教えをこの地上で具体化し最大多数の最大幸福を実現しようとしている
「幸福実現党」という政党に課せられている使命には重いものが在ります

この政党の影響力が社会に届き
国民の意識が変わらない限り、日本の未来だけでなく
世界の未来は、無いと
私は、思っています

宇宙人たちも私たちの活動を見守り、また、許される範囲で守ろうとしてくれてもいるようです
アブダクションをしたりする悪質な宇宙人もいるようです



コメント


認証コード(6150)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼