陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2018-04-16

Top / FrontPage / 2018-04-16

至る所にある「思考停止」

先日、娘の足の親指が化膿しているので病院に連れて行った

そこでの出来事
医者が開口一番

「深爪ですね」

この言葉を聞いて
ハッとしました
悟ったのです


過去2年ほど、このような状況を繰り替えしていたようでしたが
娘だけではありません

その上の息子も同じような状況を良く耳にしていました

何のことは無い
私も家内も思考停止状態だったことを私は悟ったのです

二人とも指が化膿して見るに堪えない状況に振り回されていた感が有ります
清潔にするとか治療するとか
対処療法にばかり目が行っていたのです

何のことは無い
単純なことが原因だったのです

詰めを切りすぎて
爪の先が皮膚を傷つけ黴菌が入り化膿していたという事実を見ていなかった

「なぜ?」を繰り返していなかった
もう一段だけの何故?で良かったのです

正直、私自身びっくりしました

病院から帰る道
娘に行ったのは
「爪を切るな!」でした

極々単純な事なのですが

あらゆる事における色んな過ちには
同じような思考停止が有ると思われます

何故?を数回繰り返しさえすればわかることが
思考停止のために見られていないのです

人間の肉体にも精神にも
設計図が有り、プログラムが有り
そのイメージによってこの社会も成り立っているという
ごく単純な仕組みを見誤っています。

私自身も単純に他を責めてしまっていますが
結局は、心を止めて
深く考えることは、本当に難しいのだと痛感させられた出来事でした

もう一歩、なぜだろう?なぜかしら?を考えるトレンドを醸成する必要がある



コメント


認証コード(1485)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼