陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2017-12-05

Top / FrontPage / 2017-12-05

陶芸の極意

世界は、陰と陽で成り立っていると言われるように
物事は何でも、思い(陰)と行い(陽)で出来ている
人生も国家も、この地球も
この連鎖の上にある
粘土で作品を作る場合も
思い(設計図)と行い(具体化)だ

思いが土に形を写し
思いが炎を通して土に色を移し
その思いが姿をみせる

この宇宙の姿に神の創造の念いが込められているように
その器の姿の中に作者の思いが込められている

ただ、目に見えるモノには限りがある
姿形の美しさと、眼には見えないが
心が受け取る美しさが有る

この宇宙、万象万物の放つ美しさを
はたしてどれだけ私達は感じているのだろうか

思い(陰)は全部が目に見えるようにはならない
その目に見えにくいモノを観ようとする努力を
決して忘れてはいけないのだろう



コメント


認証コード(5737)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼