陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2017-08-10

Top / FrontPage / 2017-08-10

陰陽、両面で考える

陰陽とは、左脳的なモノと右脳的なモノ
感覚的なモノと論理的なモノ
この両面で考えると言うことは
額に有ると言われるチャクラで考えることでも有るだろう

言い換えると深く考えるという事

原爆の日や終戦記念日が近づいた頃には
原爆や平和についての報道や番組がたくさん流れている

その多くが左脳的な視点を置き去りにして右脳的な視点ばかり見ている

右脳的に見れば平和が大切なことは、当然のこと
戦争など無くなれば良いのは当たり前のこと

しかし、現実は、色んな戦争が有る

個人レベルでの紛争もある種の戦争だ
時には命のやりとりまで至る場合も有る
いじめも有り、裁判沙汰もある

色んな戦争(紛争)が有り
命の奪い方にも様々有る
こん棒から刃物、銃弾からミサイル
そして、原爆や水爆まである
核兵器は、チョットした判断の偏りで一度に大量の命を奪う事になるし
その衝撃たるや凄まじいモノとなるので、
攻撃を受ける側にすれば、言語道断の武器である
しかし、使う側にとってはオドシの面を含めて頼りになる武器ではある

この両面を見ないで
ただ単に戦争反対だとか核兵器廃絶などと言っても何らの解決にもならないだろう

片方の視点でしか考えることが出来ない人たちが
リベラルに走り、左翼的な思想に取り込まれていく
それは、とても分かりやすいからだ

深く考えること
自(正)と他(反)と全体(合)の視点で考えること
額に有ると言われるチャクラの部分で判断できるようになって欲しいモノだ
これは、神仏の心を心として考えようとすることだと思う。
画像の説明



コメント


認証コード(7887)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼