陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2017-05-07

Top / FrontPage / 2017-05-07
*良い子、悪い子、普通の子 [#lbb6b530]

こんなコントが昔有った
最近、この言葉が繰り返し頭の中をよぎる

これは色んな場面に使える言葉だ

最近、ある集団に会った
ナチュラリストと言っていいのだろうか

「信仰」を正面に出して守護霊とか地球意識のことも神のことも語る
信仰の大切さを感じている自分としては嬉しかった

しかし、何かが違う
何か非常に居心地が悪いのだ
そこで、その信仰の中身を中心人物に問いかけてみた

  
 

どうやら、
信仰、神様の事の中にも
よい子悪い子普通の子があるということ

良い神、悪い神、普通の神   である

全ての人間は、神仏の子であると信じている
そんな我々ではあるが、
良い玄明さん、悪い玄明さん、普通の玄明さんが有るように
ただ、一つの言葉でくくれるモノでは無いことを自覚する必要がある

良い宗教、悪い宗教、普通の宗教、様々の中に私達は居る



コメント


認証コード(5506)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼